見どころはコレ!!【 ひろしま はなのわ2020】を解説していきます(随時更新)

2020年1月27日

最近よく目にするようになってきた「ひろしま はなのわ 2020」
公式ガイドブックも配布されているけど、「ひろしま はなのわ 2020」って一体何?
何が楽しめるの?
いつから始まるの?
家族連れでも楽しいの?


気になったので調べてみた結果・・・「今年の春はとりあえず"はなのわ"行ってくる!!」って気分になりました。

2020年3月16日追記)
新型コロナウイルスの影響を考慮して一部イベントを中止・延期されることになりました。
それでも・・・「はなのわ」は一転集中型の会場ではなく、協賛会場が分散している分混雑も緩和され行きやすいのではないかと思っています。様子をみながら遊びに行ってみよ!

「ひろしま はなのわ 2020」の概要

そもそも「ひろしま はなのわ 2020」のコンセプトは、大まかに解釈すると『花と緑を大切にする心を育てる!!』というものらしいです。
「全国都市緑化フェア」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
緑がある快適で豊かな暮らしがある街づくりの推進するための普及啓発事業として、毎年全国各地で開催されています。30年以上歴史のある活動らしいです。
その「全国都市緑化フェア」の2020年バージョンが広島で開催される「ひろしま はなのわ 2020」という事になります。
最近のものですと、2018年の「山口ゆめ花博」などが記憶が新しいかと思います。

 

きれいなお花を眺めて、心豊かな時間を過ごしたり、
花や緑を通して県内各所のイイところを改めて発見したり、
実際に体験しながら緑の大切さを確認したり、
花と緑を通して人・地域との絆を深めたり、
そんな感じのイベントでしょうかね??

ちょっと複雑な開催日時・開催場所・入場料

2018年に開催された「山口ゆめ花博」と違って、今回は開催日時・開催場所がちょっと複雑です。

メイン会場

開催場所:旧広島市民球場跡地
開催日時:2020年3月19日(木)~5月24日(日)
入場料:無料

協賛4会場

開催場所:国営備北丘陵公園・せら夢公園・県立びんご運動公園・県立みよし公園
開催日時:2020年3月19日(木)~11月23日(月)
入場料:
国営備北丘陵公園⇒有料(無料エリアもあり)
せら夢公園⇒無料
県立びんご運動公園⇒無料
県立みよし公園⇒無料

会場がメインの市民球場跡地と県内各4施設の会場に分散されています。
よって開催期間・料金も違ってきているのでご注意ください。

押さえておきたいメイン会場

やっぱり気になるのがメイン会場!!
場所は旧広島市民球場跡地だからアクセス抜群ですね。
周辺にはそごう・パセーラ・シャレオ等の飲食店も多いし、無料の子ども遊びスポットもあるしで割とお出かけしやすいのではないかと思います。ただ幼児連れで行きたくなる車の場合は・・・駐車料金が高くなるかもですね。私がよく利用するのは広島市中央駐車場です(180円/30分最大1,500円)。市民球場跡地まで幼児の手を引いてなんとか歩ける距離ですよ。

テーマに合わせて7つのゾーン

メイン会場では各テーマごとに7つのゾーンに分かれています。
◆水の都ひろしまゾーン
◆希望と思い出ゾーン
◆森のガーデニングゾーン
◆イベント企画ゾーン
◆ひろしま海ゾーン
◆ひろしま風景ゾーン
◆ウェルカムゾーン

それぞれのゾーンでどんな企画が展示・体験できるのか詳細はまだわかりませんが公式HPによると、
コンパクトガーデン、ニュースポーツ体験フェスタ、こども花と緑のお仕事体験、アウトドア体験・・・など楽しそうな企画が記載されていました。(2020年3月16日追記:新型コロナウイルスの影響により各種イベントが中止になっています。)


コンパクトガーデンは「春のグリーンフェア」でも見かけましたが、一つ一つがつくり込まれていて大変面白く私は好きです。多肉植物の寄せ植えなどは非常に参考になりました。
今後も各種イベントがどんどん発表されるみたいだし楽しみです。

協賛会場だって外せない!!

メイン会場同様に注目なのが、
国営備北丘陵公園・せら夢公園・県立びんご運動公園・県立みよし公園の協賛会場。
メイン会場とは違って開催時期は3月~11月と長期間となるので、花と緑の季節の変化も楽しめます。また、「ひろしま はなのわ 2020」に協賛したイベント開催予定の事、何度も足を運びたくなる注目の会場です。
以下それぞれ4施設について紹介していきます。

国営備北丘陵公園

花と緑といったらココでしょ!!
花の美しさ・緑の豊かさの表現が大得意な備北丘陵公園。


通常でもこの美しさだから「ひろしま はなのわ 2020」期間中になったら・・・期待大です!!
広大な土地でゆったりと花が鑑賞できるし、体験型のイベントも充実してるし、遊具も沢山あるし、新緑の中をサイクリングしたら最高だし、「花とか緑とか興味ないわ~」とか言ってる主人でさえ「おぉ~!!」って言わせる自然あふれる場所で、メイン会場よりオススメかも。
私も大・大・大好きな場所です。

国営備北丘陵公園公式HP(⇒http://www.bihoku-park.go.jp/)

せら夢公園


こちらも自然豊かな広大な土地に広がった公園です。
遊びに行った時期的な問題なのか、あまり花のイメージはありませんが、面白遊具が揃っているからから家族連れにもオススメです。どちらかというと、花より緑を楽しむ公園でしょね。
面白遊具の他にも丘の上にある滑り台・すぐ近くのワイナリーのミニSLもいいですよ!!滑り台はめちゃくちゃよく滑るから、大人も結構遊んでいます。SLは期間中にフラワーミニSLとして、花でアレンジされるみたいですよ。

 


世羅のドライブの休憩場所にピッタリなのが、
せらワイナリー」・「世羅 道の駅」!!どちらもお土産・軽食・レストランが充実していますよ。
ちなみに、「世羅 道の駅」の近くで毎年5月の開催される「アスパラまつり」のアスパラが美味しすぎて腰が抜けそうになるので、注意してください。極上のアスパラ収穫体験もできますよ。

 

世羅の場合、
協賛4会場には選ばれていませんが、「香山ラベンダーの丘」・「世羅ゆり園」・「世羅高原農場」など花に特化した施設が沢山あるので、季節を変えながらじっくり周ってみたいですね。協賛4会場会場ではありませんが、それぞれ「ひろしま はなのわ2020」に協賛しているので、押し花、寄せ植え、フワラーアレンジメント等のイベントも必見です。

せら夢公園HP(⇒http://www.serawinery.jp/)


県立みよし公園


こちらも何度も遊びに行った事のある公園です。エア遊具などが面白く、休日は家族連れで賑わっています。
遊具だけでなくしょうぶ園・自然散策道が整備されているので、花と緑を楽しむにはちょうどいいですね。
ただ現在のところ(2020年1月末)遊具の一部が修理中の為遊べないのでご注意ください。
でも、「ひろしま はなのわ 2020」の協賛会場に選ばれているぐらいだから、きっと近々全面復旧するはず・・・と思っています。
レジャーシートを持って、半日のんびり楽しめる公園です。
近くに飲食店がないのでお弁当・おやつを忘れずに。

県立みよし公園HP(⇒https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kouenmeguri-kenritsumiyoshi/)

県立びんご運動公園

残念ながらここはまだ行ったことがありません。
オートキャンプ場もあるのでキャンプ候補地として我が家で上がっているので、今年こそは行きたいと思っています。
県立びんご運動公園HP(⇒http://www.bingo-sportspark.com/)

見どころはメイン会場・協賛4会場以外にも!

メイン会場・4つの協賛会場に加えて、県内23市町で150箇所でも「ひろしま はなのわ2020」に賛同するイベントが開催されるそうです。
「ひろしま はなのわ2020」壮大すぎてなかなか全体像が掴めない・・・。
要するに2020年3月19日(木)~11月23日(月)の期間中は県内のどこかしらで、何かしら花と緑に関するイベントがあるってことですね。
全部を紹介できませんが、いくつか例を挙げると、
マリホ水族館」・「広島市植物公園」・「ひろしま遊学の森」・「大和ミュージアム」・・・等々で協賛イベントがあります。(2020年3月16日追記:新型コロナウイルスの影響により各種イベントが中止になっています。)

広島の伝統の祭りともコラボしちゃうよ!

広島内各所で毎年開催される地元の祭りなどにも「ひろしま はなのわ2020」がコラボして、より華やかな催しになるそうです。(2020年3月16日追記:新型コロナウイルスの影響により各種イベントが中止になっています。)

例えば、
毎年3月に南区で開催される「みなとフェスタ」、
⇒花の種と一緒に2020個の風船をみんなで一斉に飛ばしたり、ステージ等の装飾に花がふんだんに使われる。

広島のGWといったらの「フラワーフェスティバル」、
⇒旧市民球場跡地に「はなのわステージ」が登場。

2020年はとことん広島が「ひろしま はなのわ2020」に染まりますね。

花よりスイーツ!!


花も緑もいいですが、スイーツだって気になる人には「はなのわカフェ」があります。
はのなわオリジナルメニュー、花や緑に飾られた内・外装が楽しめるそうですよ。
内・外装よりオリジナルメニューが気になるわ~。でもHPを見てもどこの店でオリジナルメニューが提供されるかはまだ発表されていませんでした。(⇒https://hananowa2020.com/news/2019/12/1377/)

最後に

なかなか全体像が掴めない「ひろしま はなのわ2020」、
公式HP(https://hananowa2020.com/)をチェックしたり、パンフレットを見て今後も注目していきたいです。面白そうな情報がはいったら随時更新していきます。