3年連続”トラックまつり”に行ってきた【トラックまつりのここがいい!!】

2018年10月15日

この記事の所要時間: 558

2016年トラックまつりの記事

2017年トラックまつりの記事

2018年トラックまつり

”はたらくクルマ”が大好きな子供にとっての神的イベント「トラックまつり」。
先日行った「ひろしま建設フェア」も非常に魅力的だったけど、
規模の大きさだと、やはり「トラックまつり」の方が大きいし充実

しかも「トラックまつり」だと、憧れのクレーン車に乗れる!!乗りたい!!
子供の嬉しそうな顔が見てみたい!!!
その一心で今年も参加してきました。

ちなみに上の子は、
「トラックまつり?行かない!!別にトラックとかクレーンとかいらない。」
すっかり大人になられたご様子で、いつになくきっぱり拒否されたため、
夫とお留守番組になりました。
なんか寂しい・・・。

さて、
昨年と同じようにならない為に、
朝早く起き、現地には8:45には到着。
でも既に100人ぐらい並んでいます。

9:30の開場ですが、9時前には徒歩3分ほどの臨時駐車場は満車!
他の車がは、マリーナホップの駐車場に案内されていました。

そして例年通り30分前倒しの9時には開場。

迫力の高所作業車

9時の開場とともに子供を抱えて猛ダッシュ!!
まずは、行列必須の「高所作業車」にいかに素早く乗り込むかが勝負!!


行列ほぼ無しで乗れました。
以前はなかったと思うけど、
高所作業車でも身長制限がありました。
90cm未満は乗車不可!
でも、大目にみてくれました。

さて、
ここからが私の恐怖の時間です。
高いところ好きではありません。


満面の笑みの子供を確認したら、とりあえず遠くの写真を撮って気を紛らわします。

クレーン車の先端までグングン上がって行きます。
怖いけど、クレーン車を上から眺めるのは面白いかも。

クジの景品がいいクレーン車試乗

次はクレーン車。子供にとったら大本命。
高所作業車を降りたら頃には行列ができていて、15分ほど待っての乗車です。


クレーン車に乗り込んで、
自分でレバーを掴み操作開始!
左右の回転、
フックの上げ下げ、
角度の調整、
クラクション。

スタッフの方が一緒に手伝ってくれるので、2歳ぐらいの子から一人で乗り込めます
もちろん保護者が抱っこして乗り込んでもOK。
私もいつか操作してみたいけどね・・・
子供ばっかりだから何か恥ずかしくでできない。


クレーン車に試乗した人はクジが引けます。1回200円
金玉・銀玉は精密にできたクレーン車の模型!!


当たったのは、
いつものチョロQのクレーンと醤油(画像無いけど)
でも、このチョロQはメ〇カリではそこそこのお値段で取引されてますよ。しないけど。
フォークリフトのトミカはフォークリフトの記念撮影でもらえました。

そして、
忘れてはいけないのが、
クレーン車のパンフレット

最初もらったとき、どうしたらいいのかわからなかったけど、
子供的には結構気に入って眺めています。
3年前のパンフレットだって、現役で使っています。

フォークリフトの景品は気前がいい


高所作業車同様にフォークリフトでも身長制限がありました。
身長120cmは乗車不可!!
結構厳しめ。会場に遊びに来ている子は未就学児が大半を占めているので、
なかなかほとんど子が乗れません。

でも、
ブースの横に設置しているフォークリフトと記念撮影するだけで、幼児さんにはフォークリフトのおもちゃがもらえました。
ただし、
景品は昼前にはなくなってしまうのでご注意ください。

お昼は売店あり!むさし・千鳥があるよ!

そうこうしてたら10時。
どう考えても昼食には早いけど、どうしてもお腹が空いたのでお昼にします。


まだまだ強い秋の日差し、
でも飲食スペースのテントが沢山設置してあるので、食事にも困りません。

むさしのお弁当、千鳥のおむすび(2個入り200円)、うどん350円、ラーメン、ポテト200円、かき氷150-300円・・・

良心的な価格で食べ物が一通り揃っています。

食事も早めに済ませないと、
昼食事時は一気に混雑しますのでご注意ください。

アンケートでも景品あり

会場内ではもクイズとか、アンケートがあってそれにこたえると景品がもらえたりします。


総合案内所で10時と13時に配られるアンケートに答えたり、
思いやり駐車場のアンケートに答えてして、


こんなものがもらえたりします。
特に名前・住所記載なしでした。

ただね、防災グッツの乾パンは賞味期限が今月末だから2週間以内に食べないといけないという・・・。

トラックまつりは一日では遊びつくせない


冷凍車に乗ってヒンヤリしたり、


トラックを眺めたり、
運転席に座ったり、実際に助手席に乗って走ってみたり、


お仕事体験に参加してみたり、

ショベルやパトカーに乗ったり、
ビンゴ大会に参加したり、
スパーボールすくいとか、ヨーヨー釣りなど縁日を楽しんだり、
トラックまつりは一日では遊びつくせません。
(昼過ぎたら眠くなる子供の体力的な問題もあるけど。)

だから、
トラックまつりに参加するときは、
「全部遊びつくすぞ」というより、
どうしてもしたい事をピックアップしていきましょう。

そうしないとしんどいですよ。大人も子供も。

トラックまつりは赤ちゃんに優しい

上のお兄ちゃんの為に仕方なく連れられてくるベビーカーに乗った赤ちゃん達。
そんな赤ちゃん達の為、トラックまつりでは授乳室・オムツ交換台完備です。

仮説トイレも多数設置してあって、子供の突拍子もなく突然やってくるトイレ事情にも素早く対処できます。

 

来年もきっと開催予定のトラックまつり、
是非家族でお出かけしてみませんか。

 

来週には同じ場所で、

「GO!GO!Carにばる 」といるイベントがるようです。
詳細こちら

詳細

イベント名 2018ひろしまトラックまつり
開催場所 〒733-0036 広島市西区観音新町4丁目13-13-2
中国運輸局広島運輸支局構内
主催者 公益社団法人広島県トラック協会
ひろしまトラックまつり実行委員会
開催日時 2018年10月14日(日)
料金 無料
駐車場 あり/無料
フード情報 屋台あり
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室あり