まるで立体空中迷路!【日本一のジャングルジム】は絶景だけどちょっと怖い。

2020年3月21日

広島県呉市大崎下島に「日本一のジャングルジム」があるらしい・・・。
え??本当に?って思ったけど、


本当!!グーグルにも記載ある!

そんな日本一のジャングルジムに遊びに行った記録です。
超巨大はさることながら、絶景が見れるジャングルジム!!
ちょっと子どもにはハイレベルなジャングルジムだけど、
異空間の立体迷路のようで楽しかったです。

架橋記念公園

日本一のジャングルジムがあるのは呉市大崎下島にある架橋記念公園
その名の通り橋の開通を記念して整備された公園です。
「日本一のジャングルジムがあるのだからきっと立派な公園なんだろうな!島にとったら架橋は記念すべきことに違いないし!」と家族で意気揚々と出かけていって、


この道通って大丈夫?どこかのミカン畑に繋がる道?というような脇道に沿って到着したのは、


あれ??
超ひっそり系の公園でした。

架橋記念公園の遊具

公園といえどもグランドがメインの架橋記念公園。
設置してあるジャングルジム以外の遊具は、


スプリング式のゆらゆら遊具でした。
草に囲まれて、若干荒れ地的な雰囲気の中に設置してある遊具ですが・・・
実は設置されている場所が素晴らしい!!


素晴らしい景観です。
川の急流域のような流れの早い潮流が見れる輝く海、行きかう船、緑豊かな島、島をつなぐ橋が美しいです。
なるほど確かに架橋記念公園だけありますね。
家族で「おぉ~」としばらく見とれる景色でした。

日本一のジャングルジム

美しい景観もいいけれど、今回の目的は日本一のジャングルジム!
超ひっそり系の公園なので、特にジャングルジム案内板もなし。
公園内をウロウロ探したら・・・


入り口発見!!
日本一のジャングルジムは頂上から入るスタイルのようです。

とにかく巨大なジャングルジム


全体像はこんな感じ。


巨大です。
ただ、子ども向けのジャングルジムとはちょっと異なった雰囲気。

幼児には危険レベルのスリリングさ


どちらかというと、工事現場にある足場のパイプで造ったようなジャングルジムでした。
マスの大きさは60cm×60cmだから子どもに登らせるのはちょっと怖いかな。
足が滑ってもマスが大きいから体がマスからすり抜けて下まで落下しそう。
マスが大きい分子どもは登りにくいし・・・。


それでも内部は一部パネルが張ってあったり、


階段があるので、子ども達はグルグル遊んでいました。
それでもジャングルジムだからやっぱり子ども的には登りたいようで、ちょっとだけ登ったりもしましたが・・・基本的にはすぐ下で大人が待機。落下しないように対策はしながら遊びました。
だからすごく気を使って疲れます。私はジャングルジムの頂上から景観を眺める方がずっと楽しかったです。
小学生高学年ならいいかもしれないけど・・・幼児の遊具としては危険かもしれません。
きっと大人が童心に戻って楽しむ系ジャングルジムでしょうね。大人ならスイスイ登れるかと思います。

ミニジャングルジムもあるよ!


圧巻の巨大ジャングルジムは迫力満点だけど、
なかなか幼児さんを思いっきり遊ばせるには行きませんでした。
そんなときは近くにミニジャングルジムが3基ほどあるので、こちらをどうぞ。

高さはないので安心だけど・・・
やっぱりマスの大きさは60cm。幼児には遊びにくい大きさなんだよな~。
小学生なら大丈夫なんだけど。

 

まとめ

以上広島県呉市大崎下島にある、日本一のジャングルジムは、
日本一大きなジャングルジムでもあり(たぶん)、
日本一景観の美しいジャングルジムでもあり、
日本一子どもには危険なジャングルジムでした。

子ども連れでジャングルジム目的で遊びに行くと、ちょっと拍子抜けするかもしれませんが、
ドライブの寄り道には気分転換にいいかもですね。景色は抜群だし。
もうちょっと公園が整備されたらいいんだけどな。


なお、入り口は非常に分かりにくいですが、豊浜大橋を下って、355号線に入る直前の脇道を登っていくと到着します。駐車場もそこにありますよ。

詳細

名称 日本一のジャングルジム 架橋記念公園
URL
住所 〒734-0102 広島県呉市豊浜町大浜311
電話番号
営業時間
定休日
料金
駐車場 あり
フード情報
ベビー情報
地図

 

スポンサーリンク