お仕事体験の神企画「ものづくり」を体験してきた【ひろしま技能フェア2018】

この記事の所要時間: 349

生産現場で進む機械化とは別に、どうしても人の手でつくりあげるべきもの、人の手が必要な部分。
匠と呼ばれる人たちが集まって、繰り広げられる職人技が非常に興味深くて、3年連続で行ってきました。

技能フェアとは?

「ものづくり技能の水準維持・向上」のための技術継承の支援活動の一貫で、
小中高生などの子供たちに匠の技を触れる機会つくったり、職業能力開発の意義や必要性について広く理解してもらうため、毎年11月に開催されているイベントです。

技能フェアの醍醐味は、
技能体験コーナーが充実しているところ。
体験を通して「ものづくり」に触れることができます。
ちなみに参加料はほぼ無料です。

主役は将来を担う子供!!
今年も多くの小学生~学生さんが先生に引率され来場していました。

小学生、中学生こそ社会見学で参加する価値があると思うのに、
毎年平日開催なのが悔やまれます。休日だったらもっと多くの興味ある子が参加できるのに。
保育園を休んで子どもと一緒に参加しようと思ったけど、
今日は園で近所の公園にいくお散歩の日。そちらの方が楽しみなようなので、
今年は私一人で参加。

大人一人で体験するのも気後れするので、
今回は職人技を見学したり、各ブースの展示をゆっくり見て過ごしました。
子供優先だけど、もちろん大人の参加もOKです。
体験したいブースがあれが、どんどんスタッフに声かけていいそうです。

技能体験コーナー

グリンセンタ芳樹園

クリスマスのアレジメント

子供より大人に人気のコーナーでした。
10:30ぐらいで既に次回予約は15:00以降しかなし。
可愛らしいクリスマスツリーを作ります。

 

メンテックワールド

貯金箱・小物入れ・フォトフレームを作ります。


硬い金属を扱います。サポートしてくれるので、幼児さんも参加していました。
ちなみに、メンテックワールドは東広島の会社。
企業主導型保育事業を展開しており、
女性でも働きやすい環境作りをされています。

マツダ短大

缶バッチ・ぶんちんづくり・木づちを使って板金を加工などなどあり。


こちらは、
短期大学の学生さんが板金加工を実演しています。
まっすぐな板がつるっつるのお碗型に変化していく様子は本当に見事でした。

広島県立福山高等技術専門校

ハンドスピナーの制作。
小学生に大人気でした。
体験はせず遊ばせてもらったけど、
重厚でかなりしっかりした物が出来上がっていました。

広島県室内内装装飾事業協同組合青年部会

壁紙を使って、
オリジナルのA4ファイル作り。

スヌーピーのファイルが可愛い!!

ミツトヨ

「つくれるかどうかは、はかれるかどうかです。」
企業のキャッチフレーズに凄く納得しました。


0.001mmまで計測できる機械を扱ってみたりの体験ができました。
直接私たちの生活には関わってはいないけど「ものをつくる」過程にはなくてならない存在、
縁の下の力持ちですね。

広島仏壇青年部

純金箔鉛筆づくり

昨年はここで体験させてもらいました。使っていくうちに金箔は全部取れてしまったけど、
「黄金の鉛筆。」と言って子供は喜んでいました。

広島菓子工業組合

今年も和菓子ありました!!

昨年のミニオンが可愛かったなぁ。
でも、ウサギの方が簡単そうなので幼児さん~小学生にはちょうどいいのかも。

 

職人技に触れられる、
「技能フェア」
11月15日も産業会館で開催中です。

詳細

イベント名 第35回ひろしま技能フェアひろしまものづくりフェスタ
開催場所 〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町12-18
主催者 広島県・広島県職業能力開発協会
開催日時 2018年11月14,15日
料金 無料
駐車場 あり/有料
フード情報 建屋内に飲食店あり(セブンイレブン)
ベビー情報

スポンサーリンク