藤い屋のIROHA villageガイド付き見学ツアーに行ってきた

2018年4月6日

この記事の所要時間: 338

2018年3月23日(金)藤い屋のIROHA villageガイド付き見学ツアーに行ってきました。

ガイド付き見学ツアー

ツアー内容

藤い屋のお菓子づくりについて、小麦畑についての解説、焼きたてのもみじまんじゅうの試食、工場解説

催行人員

1名~15名 ※団体等で15名を超える場合は要問い合わせ

見学実施日・時間

金・土・日・祝日10:00〜と12:00〜の1日2回実施

見学所用時間

約30分

参加費用

一人200円(幼児無料)

予約方法

見学希望日の前日までに電話にて予約

連絡先

五日市みなと工場工場見学担当
電話番号 082-943-6603
受付時間 10:00~17:00

詳しくはこちら↓↓藤い屋公式サイト

IROHA villageの様子はこちら↓↓

参加してきた様子

レストランのある建物のケーキを売っているレジで受付をします。
14時~の申し込みにしていました。
(今は14時~は無いようです)

 

IMG_4441
ガイドツアーのある時は看板が立ててあります。

IMG_4460
オープン時以来の訪問。
畑の小麦が青々と育っていました。
麦の成長で雰囲気もなんとなく変わってきたような。

IMG_4443
最初は草だと思っていた小麦畑。
誰がみてもわかるように、看板が立ち種類まで表示してありました。

早速ツアー開始、
ガイドのおねえさんの小麦の説明を始めます。
内容は、
「小麦を知らない社員の為畑の作っている事、小麦を育つ様子を学ぶ事、
できるだけ自然な形で、里山をイメージして畑をつくって居いる事。」
などなど。小麦畑の話、「いろはヴィレッジ」のコンセプトを丁寧に説明してくれます。

大人は興味深いかもしれないけど、子どもにはちょっと難しかったかな。

IMG_4447
庭師?さん登場。
肥料に使う菌類の説明を受けました。

「枯れ葉を腐らして肥料にしている事、キノコを作る菌を混ぜている事、
鶏糞とか動物的なものは一切加えていない事。」
などなど。いろはヴィレッジの「おいしいものを作ろう!!」というこだわりと熱意を感じられます。

IMG_4448
畑の説明の後は、庭の説明。
何気なく植えてあるこちらの木、
宮島の鳥居にも使っている木を植えているとのこと。
広島に由来するものをとことん取り入れています。

IMG_4449
続いて工場の説明。
さあさあ、いよいよ工場見学♪♪♪
と思っていたら、

 

IMG_4451
窓越しの見学会
残念ながら工場内には入れませんでした。
でも説明付きなので工場の様子がよくわかりました。

周りを1周したらもみじ饅頭の試食です。
試食ができあがるまでの待ち時間にあの螺旋階段の入口を開放してもらえました。


ただし、危険なので上の扉は解放してもらえません。

IMG_4457
レストラン・ベーカリーの建物の屋根の部分になります。
屋根の上にも畑があって、
ハーブは育てられています

 

 

IMG_4461
試食のもみじ饅頭をおいしくいただきました。
幼児は無料なのに、
試食付き。

IMG_4465
もちろんジェラートを買いました。なんと食べても絶品です。

SC20180323145858

SC20180323145756

SC20180323145751

SC20180323145740
オープンの時には売り切れで姿がなかったパンを見ることもでき、妻にお土産を買って帰りました。
妻曰く、「あんバター」があのエレファントベーカリーを超える旨さだったのこと。
もっと買えばよかった。

詳細

イベント名 IROHA villageガイド付き見学ツアー
開催場所 〒731-5161広島県広島市佐伯区五日市港2-1-1
主催者 藤い屋
開催日時 2018年3月23日(金)
料金 200円
駐車場 あり/無料
フード情報 敷地内にあり
ベビー情報 オムツ交換台あり

スポンサーリンク