滑走路をバスに乗って見学してきた【ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり】

この記事の所要時間: 243

何かとイベントのある広島空港。
キャビンアテンダント・パイロットのお仕事体験」とか「航空展」とかいろいろありますが、
その中でも一番楽しいと思っているイベント「エアポートフェスタひろしま」で同時開始されていた、「ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり」体験日記です。

また、2018年には10月14日に開催されますので、行かれる方は会場の様子を参考にして下さい。

ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり

正直いまいち、「ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり」の「エアポートフェスタひろしま」との位置づけが分かりませんが・・・


「ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり」で事前募集のあった、 ”空港立入制限区域見学バスツアー”に行ってきました。
倍率は分かりませんが、募集人数が多いので出せばあたる・・・と思っています。

「ひろしま空の日2017ふれあい秋まつり」では他に、
滑走路ウォーク (募集100名)・管制塔見学ツアー (募集40名)などがありました。

空港立入制限区域見学バスツアー

空港内の立入制限区域だけあってか、
いままで参加してきた数々の見学型イベントの中で一番本人確認が厳しかったです。


運転免許・パスポート・保険証などなど・・・
入場にあたり厳しくチェックされます。


ソラミィの眼差しも何となく厳しく見えます。

チェックが終わるとバスに乗車開始(指定席)


はたらくクルマの展示スペースを通りぬけて、


「あそこにも消防車いるよ~」とか言っていると、
ブシュー!!!
乗車しているバスめがけて放水が開始されました。
水が車体に当たり、窓に当たり、
ゴゴゴゴー!!!ドドドドーン!!!ドンドンドン!!!
迫力満点の放水ショーでした。

そして、広島空港の説明を聞きつつ滑走路を走ります。


途中で走り抜ける飛行機を間近で見たり、


今まさに飛び立とうとしている飛行を見つけ、
「飛ぶよ!飛ぶよ!!見て!!」と親が興奮している間に、


子供は膝で寝てしまいました。
あんなに飛行近くで見るのを楽しみにしていたのに・・・
まだ体力がついてきません。


飛行機があればその下を通れたけど、
タイミング悪く一機もおらず。

でも飛行機の離陸を沢山見られたからまぁいいか。
空港の説明は大人向け、少し難しかったですが、
子供が滑走路の様子を楽しんでいました。一人寝たけど。


最後にお土産ありました。

2018年も応募してみよ。

詳細

イベント名 エアポートフェスタひろしま・ひろしま空の日2017/ふれあい秋まつり
開催場所 〒729-0416 広島県三原市本郷町善入寺64−31 広島空港ターミナルビル
主催者 広島空港
開催日時 2017年10月18日(日)
料金 無料
駐車場 あり/有料
フード情報 広島空港内にレストラン・ファミマあり。臨時軽食販売あり。
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室、キッズコーナーあり

スポンサーリンク