空港の消防車は激レアでした【 エアポートフェスタひろしま2017】

この記事の所要時間: 429

何かとイベントのある広島空港。
キャビンアテンダント・パイロットのお仕事体験」とか「航空展」とかいろいろありますが、
その中でも一番楽しいと思っているイベント「エアポートフェスタひろしま」の体験日記です。

また、2018年には10月14日に開催されますので、行かれる方は会場の様子を参考にして下さい。
 

エアポートフェスタひろしま

「エアポートフェスタひろしま」とは広島空港の周年祭的なイベントのようで、広島空港をあげてのお祭りです。

内容としてはザっとあげて以下の通り。
・広島空港の路線就航地や航空会社のPRブース集結
・広島空港開港25周年記念式典
・特設ステージイベント(麻薬探知犬デモンストレーションなど)
・クイズラリー
・空港周辺スタンプラリー
・広島県防災航空センター見学会
・空港で働く車展示会
・空港送迎デッキ無料化

子供から大人まで楽しめるイベント盛りだくさんになっています。

会場の様子


空港に関する各種ブース
検疫所の事とか子供にはちょっと難しいかも

 


子供向けだと、
マーシャリング体験や

 


JALの制服を着て撮影会や、


ボディシールを貼ったり、だとかで遊べます。


無料開放されたデッキで飛行機の離発着を見学したり、


1階で軽食を食べて過ごせます。

クイズラリー、空港周辺スタンプラリーも子供向けですが、
スタンプラリーでは、空港近くの三景園にまで行ったりと結構大変そうだったのでパスしました。

オススメは屋外

屋内のイベントより屋外のイベントの方がおすすめです。

広島市でもはたらくクルマのイベントは多数ありますが、
”空港で”はたらくクルマという、結構レアな車が集合しています。

 

例えば、


消防車
こんなカッコいい消防自動車なんかあまり見ないでしょ。
もちろん運転席に乗せてもらいました。


天井も一部ガラスになっていて、広く感じます。

 

 


ショベルカー?
運転席に座れます。

 


こちらはアスファルトフィニッシャー
運転台に乗せてもらい、前の詰めの部分が動く様子も貸し切りで見せてもらいました。


コンテナ牽引車


タラップカー

見るだけでなく、ほとんどの車の運転席に座れるので、
楽しめます。
当日は大雨だったのですが、
その分ほとんど人がおらず、貸し切り状態でした。


若干わかりにくですが、
広島県防災航空センターでは目の前でヘリコプターの見学もできるみたいです。
時間がなくて今回は行けませんでした。

エアポートフェスタひろしま:感想

2017年は大雨にも関わらず、駐車場はもちろん会場内も混雑していました。
現地には午後に到着しましたが、飲食の模擬店は混雑しているし、各ブースも人だかりができていました。
遊びに来ているのは圧倒的に家族連れが多かったです。
乳幼児を連れている家族もいましたが、
広島空港は授乳室・オムツ交換台が完備されているので、そのあたりのストレスはあまりないかな。

食事は模擬店でもいいし、ファミマもあるし、そもそも空港なのでレストランが完備されているので困ることはないです。

何か注意点を上げるとすれば・・・
寒さです。広島空港は標高が高い山の中にあるので、市内よりそこそこ寒いです。
天気も変わりやすく、雨が降ったら一気に寒くなるのでご注意ください。

「エアポートフェスタひろしま」では同時開催として「ひろしま空の日ふれあい秋まつり」も開催されており、
普段入れない管制塔を見学できたりします。ただし事前応募が必要。
どうせ行くなら、「ひろしま空の日ふれあい秋まつり」にも応募しておいて、合わせて楽しむのをお勧めします。

ちなみに、
もし抽選に外れても、
八天堂の工場見学広島県立中央森林公園などがすぐ近くにあるのでそちらでも遊べます。


大人にとったら出張・旅行によく利用する飛行機ですが、
幼児さんはあまり利用する機会がなく、飛行機を見るだけでも楽しめそうですよ。

詳細

イベント名 エアポートフェスタひろしま・ひろしま空の日2017/ふれあい秋まつり
開催場所 〒729-0416 広島県三原市本郷町善入寺64−31 広島空港ターミナルビル
主催者 広島空港
開催日時 2017年10月18日(日)
料金 無料
駐車場 あり/有料
フード情報 広島空港内にレストラン・ファミマあり。臨時軽食販売あり。
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室、キッズコーナーあり