幻想的な世界にうっとりでした!デジタルアートに飛び込もう!!【マリホの巨大プロジェクションマッピング】がオススメです。

2018年11月3日

この記事の所要時間: 531

マリホのプロジェクションマッピングに行ってきた!!

子どもの遊び場にオススメなマリーナホップ、
2018年10月31日に新たに、
日本最長級の巨大プロジェクションマッピング、
『MARIHO DIGITAL ART ROAD』がスタート
しました。
マリーナホップのハロウィン花火の見物と兼ねて行ってきました。

※プロジェクションマッピングとは?
映画館のようなフラットなスクリーンではなく、
凹凸のある建物、道路、壁になどにプロジェクターで映像を投影する手法。
2.3年前からイベントでよく見かけるようになりました。

マリホのプロジェクションマッピング

マリーナホップの海辺の遊歩道「プロムナードデッキ」をスクリーンに、
映像と音楽が織りなす”マリホデジタルアートロード”

スケールは常設として日本最長級の160m!!
大きさだけが凄いのではなく、スクリーンが遊歩道だから
映像の中に飛び込む事だって可能
自分もデジタルアートの一部になったり、ゆっくりデッキに座りながら、散歩しながら、食事をしながら・・・何通りの楽しみ方ができるようになっています。

遊歩道の投影なのでもちろん観覧無料

どんな内容?


何色もの色が組み合わさったお花
お花が大きくなったり、小さくなったり。
映像と音楽によって、一気に幻想的な世界に引き込まれます。

 


お魚の大群
絵本のスイミーの大群のように、数えきれなぐらいの魚たちが一気に押し寄せてきます
お花の幻想的な世界から、一気に躍動感ある映像に変化します。

「お魚さんあっちから来た!」「こっちからも来た!」
動きの速い映像に子どもも夢中で目で追っています。

 


こちらはアート的な雰囲気
遊歩道のスクリーンに飛び込めば、自分もアートの一部に・・・なんてことは子どもには分からないだろうけど、
なんともファンタジックな世界でした。

 


こちらも躍動感あふれるスタイリッシュな印象
鋭い直線の伸びる方向に線を踏みながら、進んでみたり、
線を踏まないようにジャンプしたり、
ゲームの世界に入ったような気分です。

 

これ以外にも何通りもの映像がありました。
また、映像の内容は季節や時間によっても変わるのこと、
何度来ても楽しめそう
です。

今回観覧した日は、マリナホップのハロウィンイベントと重なり、とにかく人が多かったです。
でも人が少ない時期に来れば、より幻想的な世界に入りこめそうだし、
160mというスケールの大きさも実感できそう
です。

上映スケジュールは?

日没後、約5分間の映像が30分間隔で”毎日上映”

11月は予定は、
1回目 18:00~ 2回目 18:30~ 3回目 19:00~ 4回目 19:30~ 5回目 20:00~ 6回目 20:30~ 7回目 21:00~
となっていますが、
12月以降はまた館内掲示板にて発表されるのことでした。

10/31のマリホハロウィンイベント

プロジェクションマッピングお披露目の日は、
マリホのハロウィンイベントの日でもありました。


万惣の歌のお姉さん、
ドレッシングちゃんのコンサートだってありました。
我が家、家族がちょっとはまっています。
万惣の歌を歌ってほしかったです。


打ち上げ花火だってありました。
300発だけど、子どもに取ったら長すぎず丁度いい。
久しぶりの花火を家族で楽しみました。

そんな楽しい時間も最後が渋滞でちょっと疲れました

そんな人が多いときに出かけるよくあること。
帰りの渋滞

マリホの花火・プロジェクションマッピングを1クールを観終わってから、大渋滞に巻き込まれました。
駐車場の車に乗ってから、駐車場を出るまで35分ほど。もちろんしばらく道路も渋滞。

でも大丈夫。
慣れてるから。

おやつに焼き芋とミカンを持ってきたので、
お夜食を食べながらの帰宅で、グズリなし。
(常識で考えると幼児さんには消化のいいバナナとかおにぎりがいいけどね。)

渋滞用のグズリ対策必須ですよ。

と、
言うことで、
来年のマリホハロウィン花火で持っていくべきオススメ品を紹介します。

マリホハロウィン花火の必需品

①防寒対策はしっかりと
秋の夜は冷え込みます。
その年にもよりますが、しっかり上着を持っていきましょう。

②仮装衣装あるといいよ
仮装をしている子供が多いです。
ちょっとしたアイテムもっていくと、子どもによっては喜ぶかも。

③花火を座ってみるのなら、レジャーシートとひざ掛けを
遊歩道に面した石段に座って花火を観たり、コンサートを聴きますが、
お尻から熱が奪われ寒いです。
レジャーシートとひざ掛けがあれば余裕でした。

④グズリ対策持っていくといいよ
帰り道に時間がかかることがあります。
何かしら、対策グッツ持っていくといいですよ。
帰りの車、子供たち興奮してなかなか寝ません。(我が家の場合)

 

※ベビーカーの使用は注意が必要。
人が多く、段差があって、足元が暗い海辺の遊歩道。
ベビーカーは注意してください。
他のお子さんの足に引っかけないように、細心の注意を。

感想

イルミネーションが見たくなるこの季節。
プロジェクションマッピング目的でまた遊びに行きたいです。

マリーナホップは相変わらず新しい企画がどんどんでて飽きません。

 

マリホオススメの遊び場



マリホでのお食事に

詳細

〒733-0036 広島県広島市西区観音新町4丁目14-35
TEL: 082-503-5500

スポンサーリンク