グランヴィア広島の【食育・市場体験】でコイワシに夢中になりました。

2019年8月16日

イクちゃんサービス店であり、
幼児連れでの利用キッズクラブ入会とってもお得に食事ができるだけでなく、
慌ただしいビュッフェであってもスタッフの気配りと設備でゆったりと食事ができるホテルグランヴィア広島の『ディッシュパレード』。
そんな『ディッシュパレード』が開催した夏のキッズクラブのイベントに参加してきました。

食育&体験


今回はテーマは魚がテーマの「食育&体験」
広島魚市場(株)からプロのセリ人が来られ、
市場の説明だけでなく、実際に魚をさばいたり、軍艦寿司を作ったり、セリを体験できるのこと。
先着20名のイベントのようなので、連絡を受けて早々に申し込んでおきました。

スケジュール

15:15 開始・市場とコイワシについて講習(30分)
15:45 軍艦ずし用の魚の解体とコイワシのさばき方の説明(30分)
16:15 自分でコイワシを実際にさばく(30分)
16:45 朝、水揚げされた新鮮な魚の"せり"体験
17:15 マグロの中落ち・コイワシで軍艦を作る
18:00 イベント終了
18:30 ビュッフェ開始

スケジュールは上記の通り。
以下体験レポとして記載していきます。

市場とコイワシについて講習

ちょっと早めに到着したけど大丈夫。
ホテルグランヴィア広島にはちょっとした遊びスペースもあるので、2階の電車コーナーでウロウロして過ごします。
定刻に受付を済ませたら、まずは親子で講習を受けます。

 


地下1階のラウンジでスライドショー・動画を見ながら、
市場の人からお話を聞きます。
市場の一日の仕事の内容であったり、セリの様子漁の様子などを説明を受けました。
広島と言えばやっぱり「コイワシ」!!
コイワシが広島湾で捕獲される様子、市場でセリ落とされる様子は非常に興味深かったです。
どの船も競争のように魚を取り、鮮度を保つため氷漬けにしながら大急ぎで市場に戻っていきます。
同じ魚でも一番最初に市場に届いたものはちょっとだけ高くセリ落とされるようで、漁師さんも本気な訳ですね。
そもそも、金額だけじゃなくて一番に市場に魚を揚げたっていうステイタスでもあるのかな。

本マグロの捕獲の様子も拝見しましたが、こちらもお見事。
養殖で育った本マグロを1本釣りするわけですが、いかに魚にダメージを与えないかが大切。
釣れたと同時に電気ショックを与えて、そっと引き上げます。
電気ショックを与えないと、魚が暴れて自らが発する熱エネルギーによって魚自身の肉を溶かしてしますそうです。そうなったら商品価値がなくなってしまいますもんね。
電気ショックの後はすかさず脊髄から神経を取り除くそうです。
魚は死んでしまったら硬直・熟成・腐敗と進んでいくそうなので、
少しでも魚が死んでしまうまでの時間を稼ぐわけですね。
電気ショックでしびれている間に、魚は神経を抜かれている訳だから、
市場の人曰く「魚は死んでいることに気が付かない」そうです。
要するに、生きている訳でもなく、死んでいる訳でもない様子なんでしょうね。仮死状態っていうのかな?
この神経を抜き取る作業は誰でもできるわけでもなく、熟練した漁師ができることらしいです。そのくらい難しく、繊細な作業。
コイワシも本マグロも鮮度を保つための海上での工夫が半端ないです。
そして、魚によって全然捕獲法が違って(当然なんですけどね)、その違いが実に面白かったです。

軍艦ずし用の魚の解体・魚をさばく

お次は2階フロアの「ディッシュパレード」に移動。今度は実際に体験していきます。

海上には大漁旗が飾られ、一気にテンション高まります。

 


まずはお手本から、
広島魚市場(株)の軽やかな手さばきでコイワシがさばかれていきます。
さばき方は幼児でもできるように、ティースプーンを使います。そっと魚にあててスライドすると、アッという間にお刺身用が完成。


子ども達は「自分で魚ささばけるんだ!!」という感動なのか、競争のように一人何匹も何匹もさばいていきました
日ごろ台所で魚の内臓を見ると「気持ち悪い~」とか言っていたのに、意外でした。やっぱりプロがするのを目の前で見ると違うのか?その場の雰囲気なのか?とにかく子ども達は夢中になってさばいていました。

 


お次は本マグロ
マグロの軍艦用に、スプーンで取っていきます。
ネギトロの言葉の由来は、この身を「ネギトル」ことから来ているそうです。
こんな骨だけになっても子ども達は興味津々。
「骨こんなに太いんだね」
「ヒレのところが三角になってる。黄色の三角。」
「私この三角をずっと前から触ってみたいと思っていたんよ。」
「この赤いのは血?」
全然気持ち悪く思うことなく、観察していました。

 


そして合図とともにそぎ落とす!!もう競争でした。
誰が一番取ることができるかみたいな。結局最後はみんな平等に軍艦は食べられるんですが、とにかく取るのが楽しいようです。
「大人も是非どうぞ」とスプーンが回ってきましたが、子ども達だけで盛り上げっているので大人が入る余地なしでした。

 


こちらは見学だけでしたが、
オーロラサーモンも登場し、市場の人がこれまた美しくさばいていました。

魚の"せり"体験


さぁ!今度はせり体験です。
沢山ある魚をせり落としていくのですが・・・
これが難しい。威勢のいいお兄ちゃん・お姉ちゃん達が何匹もせり落としていくので、
我が子全然ついていけません。
そもそも「1200円!」と誰かが叫んだ後に「1500円!」と叫べない。1200<1500を理解するのに一瞬時間がかかるのです。算数の勉強が進んだら数の理解もできるのでしょうが、今は全然できない。耳元で「1500円」ってささやいてみますが、周りがうるさくて難しいです。
幼児さんなんて全然歯が立たない。でも適当に「800円」とか言ったら声の大きさで即決したりするので、半分運ですね。
1人で盛り上がって「800円!1000円1100円!!2000円!!!」と競う相手がいないのに、自分で上げた値段を更に上の値段で勝負をかけていき、自分との戦いに挑んで、一人でどんどん値を上げていく勇ましい子もいたり・・・保護者としてはハラハラするけど、少なくともその子どもは目がキラキラして非常に楽しんでいました。自分でせり落とした魚だからきっと美味しく食べれるでしょう。
普通サイズのアジ1匹800円でせり落としたり・・・スーパーで買うよりちょっとお高めに購入している方もいましたが、
ほとんどもお安く購入できていました。
イベントの案内状に「模擬せり参加費1000円」と記載がありましたが、参加料は不要でせり落としたものを実費購入する仕組みになっています。だから何もせり落とさなかったらイベントの参加料無料になります。
欲しい魚がせり落とせなくて、若干不満気な子ども達でした。せり落とせるのは1人1匹までだったらよかったんだけどね。

試食


無料のイベントなのに、最後に試食がありますよ!
自分たちでさばいたコイワシはやっぱりおいしい!
そして、回転すしとは違って本マグロ100%のマグロの軍艦も美味しい!

 


分厚く切ったオーロラサーモンの握り・刺身も本当に美味しい!!
幼児にはまだ刺身を解禁していない我が家だけど・・・今日は特別に食べさせてみました。
子どもも大満足のようで「おいしい!!おいしい!」の連続でした。
広島魚市場さんのサービスで試食レベル以上の量が提供されていました。


最後にディナービュッフェも堪能して、終了しました。
参加料はディナービュッフェの料金(大人3800円)のみ(→キッズクラブ入会しているとで小学生は無料、幼児も当然無料)でこんな面白くて、美味しいイベントに参加できました。

感想

すごく楽しいイベントでした。
市場・魚の勉強にもなり、親子共々非常に興味深かったです。
キッズクラブ限定のイベントなので小学生が対象のようですが、兄弟として参加していた幼児さんもコイワシをさばいたり、せりに参加したり、試食を楽しんでいました。
我が家の子どもは魚は好きな方だと思いますが、今回のイベントに参加してより魚に興味を持ったようです。
スーパーでコイワシを見つけると「これホテルでさばいた魚!家でもスプーンでしたいから買って!」と反応しています。
まさに魚の食育に繋がった体験型の質の高いイベントでした。
これからもこのようなイベントが開催されることを期待しています。
記事を読んでキッズイベントに参加したくなった方は・・・ホテルグランヴィア広島「ディッシュパレード」の入会費・年会費無料のキッズクラブにまず入会しましょう。案内状が届きますよ。ちなみにキッズクラブは定員になると一旦受付終了するので、お早めに。

こちらもオススメ


近隣のオススメ


詳細

 

名称 カフェ&ブッフェ 『ディッシュパレード』
URL http://hgh.co.jp/rest/dishparade.html
住所 〒732-0822 広島市南区松原町1-5
電話番号 082-262-1132
営業時間 6:30~22:30
定休日
料金 ランチ平日:大人2000円(土日祝2300円) 小学生:1200円
ディナー平日:大人3200円(土日祝3800円)小学生:1600円
駐車場 有料
フード情報
ベビー情報 授乳室・オムツ交換スペース・子ども椅子・子ども食器
地図

カフェ&ブッフェ 『ディッシュパレード』はイクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

http://www.ikuchan.or.jp/service/shop/00586_0001.html

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

スポンサーリンク