当たったので行ってきた【アストラムライン車両基地見学】

この記事の所要時間: 247

ヌマジ交通ミュージアムで定期的に開催される「アストラムライン車両基地見学」に行ってきたときの記録です。

ヌマジ交通ミュージアムとは?

乗り物と交通の歴史を見て、触れて、体験できるミュージアム!!
おもしろ自転車が本気で面白いから大人もついつい遊んでしまうミュージアムです。
詳細はこちらに記載しています。

アストラムライン車両基地見学

年に何度か開催されるイベントです。
事前応募が必要で、大体応募多数となり抽選。
今回は120人の定員に対して、304人の応募があったそうです。

アストラムライン車両基地

アストラムラインの基地、長楽寺車両基地はどこにあるのか知っていますか?
なんとヌマジ交通ミュージアムの真下です。私は知りませんでした。
アストラムライン基地の上に人工地盤を作って、その上のミュージアムを建てたということらしいです。

見学会の様子

そういうわけで、ヌマジ交通ミュージアムに集合して見学会が始まります。
午前・午後の各回60人づつの参加。
未就園児から小学生の家族連れが多い様子ですが、夫婦のみとか大人の参加もちらほらいました。

その1:

アストラムライン広島高速交通株式会社の本社に移動し(ヌマジ交通ミュージアムの真横の建物)
模型をみながらアストラムラインの仕組みや特徴のお話を伺います。

その2:

次に中央指令室。
各駅のホームの様子、全電車がどのポイントにいるかを監視していました。
指令室には5人前後の職員がおり、車両を動きをくまなくチェックしていました。
(※画像はイメージです。写真撮影禁止なので)

その3:


そして最後に、車両基地。
基地ではアストラムラインの車両が定期点検を受けています。
アストラムラインが持ち上がっていたり、タイヤが置いてあったり、
子ども達はここが一番興味深そうに見ていました。
20分ぐらい時間をとってくれるので、ゆっくり見学でき、写真もゆっくりとれます。

 

お土産ありました


お土産はペーパークラフト
ただのペーパークラフトではなく、仕掛けがあったり車内におもちゃの小人を乗せれたりして、
子供には結構うけていました。

感想

乗り物好き、特にアストラムラインが好きな子だったら是非連れて行きたい企画です。
我が子はそんなにアストラムラインに興味はなかったけど・・・
見学会に参加して、大好きになったようです!!

詳細

イベント名 アストラムライン車両基地見学
開催場所 ヌマジ交通ミュージアム
主催者
開催日時 2016年12月
料金 無料・事前応募制・展示室観覧券が必要
駐車場 あり/無料
フード情報 館内に飲食できるコーナーあり
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室あり

スポンサーリンク