ツリーハウス秘密基地だった!!【佐伯総合スポーツ公園 】大型遊具がエンドレスで遊べます。

佐伯総合スポーツ公園に2020年3月登場した大型複合型遊具。幅が50m・高さ12mの遊具はツリーハウスをイメージしたような雰囲気で大きくて魅力的!!
乳幼児を対象とした遊具エリアも設置されており、家族連れで休日を楽しく過ごます。

佐伯総合スポーツ公園

廿日市市にある、緑豊かな佐伯総合スポーツ公園は体育館・陸上競技場・テニスコート・野球場や本格的なトレーニングルームが整ったスポーツ公園です。


大自然に囲まれた公園は山の散策道もあって、
季節の変化も楽しめる公園です。
今回は2020年にオープンした大型遊具について主に記載していきます。

大型遊具がとにかく大きい!


こちらがメインの遊具。


最長16mの滑り台・くねくね滑り台・幅広で急下降滑り台・3連滑り台など滑り台だけでも5種類も設置されています。

 

 


こちらは綱で張った上で遊べるネットフロア。ネットの網目が小さいので幼児さんでも安心です。
落とし穴なんかもあって・・・大人だけどはまってみたい!!
ネットの上はフワフワのトランポリンのようで、跳ねたり寝そべったりして遊べます。

 


イメージはツリーハウスといったところでしょうか。
全体的に落ち着いた茶色で統一されています。
吊り橋、ロープクライミングなど仕掛けが多数あり、
雰囲気はツリーハウスの秘密基地!!

 


子どもの冒険心を刺激されるようで、
子ども達は目をキラッキラさせてエンドレスで遊具の中を駆け巡っていました。

乳幼児専用エリアもあり


乳幼児を対象としたエリアもあるので、小さな子も安心して遊べます。
カラフルな色彩とポップなデザインが可愛い!子どもの心もがっちり掴みますね。
広場は衝撃吸収に優れたソフトマットが一面に敷かれているので転んでも安心です。

周りには屋根付きベンチがあるので、見守りもしやすく、保護者にも優しい設計です。

 


幼児エリア横には既存の遊具も残っています。

アスレチックもあり


大型遊具の近くにはアスレチック広場もあります。
こちらはもともとあったもののようです。
年少さん~だと何とか遊べそうな難易度です。

芝生エリアのトイレが充実


遊具の目の前にあるトイレ、こちらも大幅にリニューアル。
オムツ交換スペース・幼児用トイレはもちろんの事、授乳室も設置されていました。
授乳室内には椅子が1つのみだったので譲り合って使用しましょう。

まとめ

秘密基地のような遊具で子ども達は喜んで遊んでいました。
一番のお気に入りはロング滑り台。
一見ローラー滑り台と思いきや、フラットな滑り台でした。
でもさすが遊具メーカータカオ。滑り心地がよかったですよ!体重の重い大人は更に勢いよくビユーンって滑って、風が気持ちいいです。

遊具がオープンしたのと同時に駐車場も新しく増設されています。
遊具のほぼ目の前に駐車場ができているので、荷物が多くても平気だし、授乳室が埋まっていても車が近くなら安心です。

休憩場所が東屋・ベンチがいくつかありますが休日だとすぐに埋まるでしょう。
レジャーシート・ポップアップテントの持参がオススメです。
木陰が沢山あるので、レジャーシートがあれば気持ちよく過ごせそうです。

 

詳細

名称 佐伯総合スポーツ公園
URL https://saekipark.hatsukaichi-sports.net/
住所 廿日市市津田545
電話番号 0829-72-1601
営業時間 9:00~21:30
定休日
料金
駐車場 あり
フード情報
ベビー情報
地図

スポンサーリンク