呉で酒造り見学【千福・三宅本店】千福一杯いかがです♪

2020年2月17日

呉の酒造所の名店といったら「千福」。
「千福一杯いかがです♪」のコマーシャルを聞いたことがある人もいるかと思いますが、
そんな千福では工場見学をさせてもらえます。

千福


千福の看板商品といったら「精撰Vパック180ml」!!
そんな精撰Vパックの製造過程も見れる工場見学に行ってきました。

見学コースは2種類

どちらのコースも見学無料、ただし事前予約が必要です。
見学者には千福カップ酒180mlのお土産付きです。(20歳以上にかぎる。)

◆蔵内見学コース( 酒母室10分 → 仕込室10分 → 酒造りビデオ15分 → 詰め工場見学15分 → 試飲、売店30分)
・10月~3月の平日のみ(14:00~)
・1日10名限定
・蔵内見学の後は、標準見学コースに合流
・未成年不可

◆標準見学コース( 酒造りビデオ15分 → 詰め工場見学15分 → 試飲、売店30分)
・通年開催
・1回のつき50名まで可
・詰め工場見学、試飲、買い物
子どもも参加OK

親子なら標準見学コース

蔵内見学コースの方が惹かれましたが、
親子で参加できる標準コースに行ってきました。


まずは千福2階にある博物館のような場所に案内されます。
ただのパネル展示ではなく、実際に使われていた道具なども設置され、
なかなか凝った展示スペースです。
ここで千福の歴史・酒造りの工程なのをまとめたDVD(15分間)を鑑賞します。
子ども的には「千福一杯いかがです♪」のフレーズが気に入ったようで、帰りの道中でも口ずさんでいました。

DVD鑑賞が終わったらいよいよ見学です。
1階の酒工場を2階のガラス張りの通路から見学していきます。
お酒の充填、ラベル張り、箱詰め、作業などを見ることができました。
2階から見下ろすスタイルなので、工場全体の雰囲気も良くわかり見学しやすかったです。
案内人の方から、千福が戦艦大和にも納品されるようになった歴史、酒造りの流れなどの説明があります。

 


工場見学の基本ですが、工場内は撮影禁止!!
でも、見学通路に飾ってある、おちょこ・戦艦大和の模型等は撮影OKでした。
年代物の酒器もたくさんあり、中には歴史的にも貴重な物もあるとか。
酒の器をコレクションに力を入れているのかな??かなりアツく酒器についても説明頂きました。
私が思わず欲しくなった酒器は・・・深堀隆介氏の升。
升に描かれた金魚が本当に綺麗です。

大体20分程度で工場見学は終了。
試飲・売店に移動します。

ノスタルジックな雰囲気漂う店内

酒造だけあって店内では試飲もできます。
大体15種類ほどの試飲ができ、梅酒のほかにも柑橘系のお酒も揃ってなかなか魅力的。
気に入ったものはその場で購入できますよ。


そんな店内はなかなかノスタルジックな雰囲気。


「ピンク電話が懐かしい~」という世代ではありませんが、
ついつい手に取ってみたくなります。

子どももOK甘酒ソフト


酒造見学に行っても子どもは試飲できないけど・・・
甘酒ソフトならアルコールが入っていないので子どもでもOK!!
甘酒初体験の子ども気に入ったようでした。

 


こちらはアルコール3%の梅酒ソフトクリーム
爽やかな梅酒とクリームの甘さが美味しい~!!こちらはオススメです。

近隣のオススメ

今回紹介した「千福 三宅本店」
このすぐ近くにはもう一つの呉の名店がありますよ。
それは「メロンパン」!!
しかも本店がすぐ近くにあるので是非合わせて行きたいところです。
もちろん呉氏のパンもありますよ。

詳細

名称千福 三宅本店
URLhttp://www.sempuku.co.jp/
住所737-0045 広島県呉市本通7-9-10
電話番号0823-22-1029
営業時間
定休日
料金工場見学 無料
駐車場あり
フード情報
ベビー情報
地図