ユニークな工場スタイルの大型遊具が楽しかったよ【晴海臨海公園(大竹市)】

2018年5月31日

この記事の所要時間: 318

晴海臨海公園

晴海臨海公園とは、テニスコート6面(うち3面は夜間照明完備)、球技場(野球・サッカーなど対応・夜間照明完備)を備えたスポーツを楽しめる施設です。
2018年春、その一画に大型複合遊具を含む遊具広場が登場したので早速行ってきました。

遊具その1:メイン


広島県西部と岩国地域で最大級の規模らしく。
確かに超大型遊具!!


晴海臨海公園からは工場地帯がよく見え、
公園も工場をイメージしたものが多く取り入れらえていました。

 

例えば、

 


煙突ロボット


クレーンで吊られている貨物


下と側面が金網
あまり見かけない面白い作りで、高さがあるので結構怖い。
でも網の格子が小さいので幼児も安心


大型遊具には珍しいジャングルジム
直線を活かしたシャープな雰囲気です。
1階のジャングルジムから、2階・3階とつながるようになっています。
お兄ちゃん・お姉ちゃんには楽しいけど、
マス目が大きいのでジャングルジムはこの公園で唯一、幼児一人では危ないところ。
足を滑らせたら怖い。

 

 


ネットの遊具では格子が小さく、落下の恐れなし
ただ、靴が引っかかって脱げやすいようで、
2人ぐらい子供が靴を落下させていました。

 


上へ登っていったら、ネットの小部屋になっています。

 

滑り台もちょっと一工夫、

急勾配の滑り台
この滑り台は大人にも大人気。
初めて滑る人は大人でもちょっと顔が引きつります。
フワッってなります。


幅広・滑りが抜群の滑り台
(⇒小学生のなると、バランスをとりながら立って滑るのが主流?になっていました)
他にもぐるぐるのトンネル滑り台、ローラー滑り台があり。

幼児さんから小学生までの子供が遊んでいます。

遊具その2:トラック

幼児向けの遊具です。

1-4歳ぐらいの子が遊んでいました。

遊具その3:船

こちらも幼児向けの遊具。


舵をきって遊んだりできます。

遊具その4:屋根付き

ここも幼児向けだけど、1歳前後の赤ちゃんスペースといったところ。

「帽子イヤ!!」ってなってもいいように屋根付き、
突拍子もなく転んでもor尻もちついてもいいように、床はすべて緩衝材
脱走できないように、ぐるりとベンチで囲まれています。保護者の見守りやすいです。

休憩スペース


東屋が3か所ほどあるけど、


休日はこんなに混雑するので、
出遅れると日陰のゲットは困難

ポップアップテントはもちろんワンタッチタープテントなど持参率高かったです。
せめて、木とか植えてほしい。
夏はワンタッチテントじゃ耐えられない。

駐車場

無料駐車場が目の前にあります。
150-200台ぐらい?
満車になることはなかったです。


駐車場の近くにトイレがあります。


オムツ交換台も設置あり。
比較的清潔な印象です。

感想

徒歩5分くらいのところに、ゆめタウン大竹・ホープセンター・スーパーあり。
これだけショッピングセンターが揃っているので、弁当・飲料水・おやつも現地調達で問題なし。
服が汚れても着替えを現地で準備だって可能。

私たちは3-4時間ぐらいは過ごしたでしょうか?
迷路のように作られた、仕掛けたっぷりの大型遊具でとことん遊んで帰りました。
子ども達はとても気に入ったようで、「また行きたい!!」ようです。

近くから夜景もキレイの事。今度は夜景を見に行きたいです。

大竹市の工場夜景のまとめはこちらから

詳細

利用時間
4月1日から9月30日まで 9時~19時
10月1日から3月31日まで 9時~18時