五感で楽しめる見学【三島食品】の工場見学へ行ってきました。

2018年8月8日

この記事の所要時間: 49

広島市中区南吉島にある三島食品に工場見学に行ってきました。
我が家では三島食品の名品「ゆかり」の大ファン。

三島食品広島工場

三島食品といえばふりかけで有名です。
三島食品は中区南吉島にあります。

工場内

image
まずは控え室に通されます。

 

image
三島食品工場で製造されている商品のラインナップ。
「ゆかり」はもちろんのこと、香辛料も作られているようです。

 

image
これはペンではありません。
ペンの先から、「ゆかり」「のりたま」のふりかけが出てきます。
デコ弁には非常に勝手がよさそうですが、あまり店頭販売されていないようで、通販限定とか。

ふりかけの歴史

DVDにてふりかけの歴史を学びます。
ふりかけが誕生したのは約100年前、
熊本県で薬剤師をしていた人が、当時の人々を悩ますカルシウム不足の対策で手軽にとれる栄養食品として考案したそうです。
ふりかけというと、海の幸。
その海の幸に恵まれた瀬戸内海に近い広島でもふりかけ作りが盛んになったとか。
説明のあと質疑応答がありましたが、結構みんな積極的。
ふりかけ大好きなんですね。

総勢20名で、3班に分かれて、工場見学に出発します。

工場見学

まず最初は「ゆかり」
三島食品の工場見学はガラス張りの外を見学するのではなく、実際に製品を作っている現場の中に入っていきます。(もちろん、中に入る前に体に付着している埃は徹底的の除去します)

「ゆかり」の原料のしそは中国をはじめ、契約会社から送られてくるそう。
それを、
細かく切って⇒味付けして⇒乾燥させて⇒袋詰めされて⇒段ボールに入れて⇒段ボールが積まれてー⇒トラックに乗せられていく工程を見ていきます。
工場内にはいると、ゆかりの香りでいっぱいです。

その溢れんばかりの香りで、白いご飯が何杯も行けそう・・・な気がしてきます。
工場内が本当にゆかりだらけ。紫だらけです。
「ゆかり」が形を変えながら、上を下へと流れていく様子はなんとも面白いものでした。

次は「わかめ」
「わかめ」も中国だったり、国産のわかめを原料とされています。見学時には’徳島産’と書かれたわかめの段ボールが積まれていました。
「わかめ」も「ゆかり」と同様な工程で加工されています。
あれだけ、「ゆかり」の匂いに溢れていたのに部屋を変わると、一気にわかめの香りだらけ。
匂いの変化が楽しいです。

最後は「瀬戸風味」
こちらは原料にかつおが使われています。
かつおを削るところから工場でされており、実際にかつおの塊に触らせてもらいました(タッチ専用のかつお)。
工場の大型機械によって、かつおが規則正しく迫力のある音で削れられていく様子が楽しめます。

見て、聞いて、触って、匂って、食べる(お土産)。
五感全体で体験できる工場見学でした。

写真がないので凄さを伝えにくいのですが・・・。
こちらに写真入りで詳しい内容がありました。

体験

image

image
最後に、世界に一つだけのふりかけを作ります。
自分の好きなふりかけをブレンドします。
もちろん大人もできました。
※今回はキャンペーン企画だったのでできたのかも。

image
お土産
※今回はキャンペーンだったので豪華なお土産だったのかも。

 

三島食品広島工場はイクちゃんサービス店でふりかけ工場見学を行っています。
ただし、
・未就学児の見学は不可(保護者同行でも不可)
・一般の工場見学は10名以上からの受付が可能
・上記の他にも対応制限や事前準備あり(詳しくはホームページ)
とのことで注意が必要です。

帰りに広島市環境局中工場(ごみ焼却場)の外観見学をしてきました。
外観は自由に見学できますが、中の見学は事前予約が必要です。

詳細

イベント名 三島食品広島工場見学
開催場所 〒730-0826 広島市中区南吉島2-1-53
主催者 三島食品
開催日時 2018年8月3日9:30~11:30
料金 無料
駐車場
フード情報 近隣にあり
ベビー情報 未就学児は入れません

三島食品広島工場はイクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

https://www.ikuchan.or.jp/service/shop/00858_0000.html

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger/#812