里山で体験!!日本昔話のような世界へgo【備北丘陵公園:ひばの里】

我が家の週末の定番の遊び場といったら国営備北丘陵公園。
今回は「ひばの里」で過ごした一日を紹介します。

国営備北丘陵公園について

ひばの里

ひばの里は第1駐車場から大芝生広場に歩いて行く途中に右手に広がるエリア。


畑や田んぼが豊かに広がり、農村の季節そのままに昔ながらの農業が再現されています。
定期的にイベントも開催されていて、里山の暮らしを体験しながら遊べます。

綿花で糸紡ぎ体験

時期によってイベント内容は異なるようですが、
初夏に遊びに行った備北丘陵公園では糸紡ぎ体験をしてきました。
無料のイベントで年齢制限等もなく、誰でも気軽に参加できます。


綿を種が付いたまま平に薄く延ばして、種を取り除きます。


そして、力加減を調節しながら細い一本の糸に引き伸ばして、引き伸ばして・・・
糸車を回していくと、どんどん糸ができていきます。
実際にすると、これが難しい・・・糸がすぐに切れちゃうんです。
それでもベテランのスタッフのフォローで何とか形になりました。
子ども達は難しいけど結構はまっていて、他に人もいなかったのもあってかなり時間をかけて糸を紡いでいました。

 


綿の種を3粒お土産に頂けて、家で大切に育ててみたら、
画像左のようにしっかり実ってくれました。
スタッフの方と作った綿の糸も大切に保管しています。
フワフワの綿が可愛くて、そのままクリスマスリースとか工作にも使えそうな感じです。
今年もまた種から育ててみよ~。
綿で糸ができて、それで布ができて、洋服になっていく・・・そんなことが学ぶきかっけにもなったので、よい経験ができました。
子どももしばらくは「この服は綿でてきている?これは?」とちょいちょい聞いていましたし、綿の服の原料が綿花であることも少し理解できたかな。

 


予約すれば機織り体験もしているようです。
子どもは鶴の恩返しで見た、機織り機にあこがれをもっているので、
今回は体験できなくて残念そうでした。
でも、これだけ本格的な機械だから、かなり根気のいる作業になりそう、まだ我が子には早いかな?!

わら細工体験

こちらは季節関係なく、年間を通じてい開催していてる体験コーナー。体験料は無料です。

園内で育てている、お米のわらを使って、
わら草履・ミニほうき・ストラップ等を作れます。

 


ミニほうきを作りました。小学生なら1人で制作できそうですが、幼児さんには保護者のサポートが必要です。
本当はわら草履を作りたかったのですが・・・製作時間が90分~なので断念しました。

柏餅つくりを体験

有料のイベントだと、柏餅つくり体験も開催していたので体験してきました。(⇒500円?600円?ぐらい。)
ただこのイベントかなり人気が高いです!!
開門してすぐ、受付まで夫が走っていきましたが、先着20組中の19番目!ギリギリセーフでした。


おもちを平に伸ばして、
あんこを詰めて、
クルクル丸めて、


柏の葉っぱを添えていきます。


昔話でおばあさんが使ってそうな本格的な窯で蒸し上げたら出来上がり!!
簡単な作業なので幼児でもすぐできました。


雰囲気のあるお家でそのまま頂きます。
風がよく通って快適。お昼寝したくなるくらいの心地よさでした。

 

感想

週末の備北丘陵公園がとにかく混雑しているのですが、
「ひばの里」エリアは比較的空いていてのんびりと農村の雰囲気を体験できます。
農村の体験だけでなく、昔遊びコーナーなどもあって子ども達もそれなりに楽しめるのでオススメですよ。
自分達のペースでゆったりと過ごせるエリアです。
季節によっては、田植え・稲刈り・ホタルなどの体験もあるのでまた参加してみたいです!!

詳細

名称 国営備北丘陵公園
URL http://www.bihoku-park.go.jp/
住所 〒727-0021 庄原市三日市町4-10
電話番号 0824-72-7000
営業時間 9:30~17:00
※閉園の1時間前まで入園ができます。
※閉園は季節により変更します。
定休日 月、年末年始
※月曜日が休日の場合は翌日の火
料金
駐車場 あり/有料(車310円)
フード情報 園内にあり
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室、ベビーカの貸し出し
子ども用トイレ、キッズコーナー、ミルクのお湯提供あり
地図

国営備北丘陵公園はイクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

https://www.ikuchan.or.jp/service/shop/01398_0001.html

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger/#812

スポンサーリンク