人形劇みてきたよ【南区さざなみフェスティバル】

2017年3月6日

毎年2月に開催される「南区さざなみフェスティバル」に行った記録です。

南区さざなみフェスティバルってなに?

広島市の4つの区で開催される、"区民まつり”に類似したイベントで、
区内で活動する文化サークルの皆さんが、成果を発表される催し。
西区・東区では"文化祭”として名称が違いますが、さざなみフェスティバルと同時期にイベントをしている事が多いです。

内容


舞台発表、展示発表、バザー、体験コーナー、おはなし会などで構成されていました。
ちなみに私の父親もここで作品を展示しています。

父親の芸術にさっぱり魅力がないので、
ちらっと見て「こども劇場」向かいます。

 

人形劇

「人形劇ペポ」という団員の発表による舞台で題目は、
・おおきなかぶ
・音楽ショー
・ツノツノツンツン
の3本仕立て。

絵本になるお話かと思いきや、それぞれアレンジしてあってなかなか面白かったです。
はたらく車が一同に並んだり、手作りの女の子の人形が歌ったりと、男の子にの女の子にも楽しめる内容です。
子ども達は、ツノツノツンツンのお話が一番気に入ったようです。
これは、人形劇ペポの全くのオリジナルのお話で、
鬼の子とオオカミのお話、大きなオオカミの動きがコミカルでした。
鬼の子達が、オオカミに食べられないように声を出したり・・・。子ども達も結構集中して観劇していました。

 

客席は100人ほどの小ホール。開場10分前からちらほら人が並んでいました。
席はほぼ満席でしたが、後ろの席になっても子供用のチャイルドシートがあるので、
見えにくくなることはないでしょう。


劇が終わると、人形達が団員の方と舞台の前にできてきて、触れ合い・写真撮影の時間もありました。
実際に見て、聞いて、触って・・・人形劇を楽しめます。
とても、アットホームな劇場でした。

詳細

イベント名  第20回 南区さざなみフェスティバル
開催場所 南区文化センター
主催者  広島市
開催日時  29.2.4~5
料金  無料 バザー、体験コーナーなど一部有料
駐車場  あり10台程度
フード情報  バザーで軽食(パン)あり、館内にセブンイレブン・徳川(お好み焼き)あり。
ベビー情報 オムツ交換台あり、授乳室あり。洋式トイレに幼児用便座あり

スポンサーリンク