寝袋に包まって見た『ふたご座流星群』は凄かった。

この記事の所要時間: 245

今回参加した海田総合公園の企画は「ふたご座流星群観察会」!!


ふたご座流星群観察会

時々やってくる流星群。
すごく興味はあるけど、実際自宅からだと観察が難しい。
山の中ならいいのかもしれないけれど、ちょっと怖い・・・。
だから今回のイベントはすごく便利!!金曜日の夜ってのがいいですよね、まだ心に余裕があります。

場所は海田総合公園のグランド。
12月14日(金)18:00~21:00の開催時間だけど、
今回の流星群のベスト時間は21:00~22:00らしいので、
イベント終了ギリギリまで観察するのを目標に参加してきました。

観察会の様子

 


イベントはすでに始まっているので園内の照明は落とされ真っ暗。
でも、遊歩道にそってロウソクでライトアップされいい雰囲気。
実際は画像よりずっと明るく、歩きやすかったですよ。
一応懐中電灯を持っていったけど、必要ないぐらいでした。


グランドに到着すると、
20人前後の人が集まっていました。椅子が8台前後設置してありましたが、既に満席。
グランドは本当に真っ暗なので、はっきりした人数は分からないけど。

寒さ対策

ここで冬の流星群観察会の我が家流の寒さ対策の紹介。


ダウンジャケット
⇒比較的温かい2018年の12月ですがやっぱり寒い。
特に海田総合公園は山の上にあるのでそれなりに寒いです。必須です。


寝袋
⇒キャンプ用のー5℃までの耐久性のある寝袋。(コストコで売ってるあれ)
流星の観察といえばやっぱり寝ころんでみるスタイルが一番です。

 

ダウンジャケットを着たまま寝袋で頭まですっぽり作戦で観察会に挑みました。
ちなみに、地面からの冷気を防ぐ銀マットなどがあれば更にいいですよ。

流れ星みれた?

見れた~。


こんな感じ。※画像はイメージ

でも本当にこんな感じ。
流れ星の尾もはっきり、くっきり見えました。
あまりにビューンって感じで見えて、
子どもは「星がどっかーんってなってる」とか言っていました。
他の家族からも、
「あんなに強く光るの??流れ星大きすぎてちょっと怖いね。」とか声が聞こえてきたほどです。

ある程度流れ星を見たら帰ろうかと思っていましたが、
結局最後の21:00までいました。
幼児だと飽きるかなとか思っていたけど、
お外での寝袋が気に入ったようで、ずっとお空を見ていました。
寒さも気になることなく、最後まで観察会を楽しめました。

公園の管理人によると総勢70名ほどの参加者が来園されたのこと、
時折雲が出てきたけど、十分流れ星が見れたので楽しく過ごせました。

ちなみに2019年7月にはみずがめ座流星群の観察会を開催する方向だそうですよ。7月だとレジャーシートと虫よけぐらいで良さそうですね。

スポンサーリンク