天然スライダーでドッボン!!【三郎の滝】が楽しすぎるので滑りすぎ注意。

広島県府中市にある「三郎の滝」。
紅葉が綺麗なことでも有名ですが、夏はやっぱり天然ウォータースライダー!!
30mの天然の滑り台を水にのって滝つぼにドッボン!!と飛び込むと気分爽快ですよ。
是非大人も一緒に楽しみましょう!!

三郎の滝


三郎の滝の全体図。
「三郎の滝」というだけあって、主な滝は全部で3つ。
天然ウォータースライダーとして楽しめるのは、
(三郎の滝と二郎の滝の中間にある)すべり滝と一郎の滝の2か所です。

でもウォータースライダーだけでなく、
川遊びができる場所も沢山あり、
スライダーがまだ怖いお子さん~小学生まで楽しめます。

三郎の滝

こちらが三郎の滝。一番奥(上流)にあります。
この滝つぼは大人の背丈よりもずっと深いのこと。
人もほとんどおらず、子ども達も近づかないようにさせていました。

すべり滝


次が一番の遊びポイントのすべり滝!!
長さ30mの天然ウォータースライダーを川の流れに乗って一気にすべります。
ただね・・・30mって観光協会のHPにも書いてあるけど、
実際に滑れる長さは20mぐらいかな。
最初の10mぐらいは傾斜が緩やかすぎて滑れないのです。

 


それでも、滑り心地は最高!
一直線に滑るのではなく、途中で何度かカーブを描きながらグルングルンって滑ります。
だから、最初は我が家の子ども達が怖がっていました。
でも一度、抱っこして一緒に滑ったらもう大丈夫。
滝つぼも深くないし、手で加速をつけてスピード感を楽しんでいました。
多分もう・・・30回以上は滑ったと思います。
楽しんだけどね、そこまで滑る??!ってぐらい滑りました。
2020年の夏は、そんなに混雑しておらず、
順番待ちの行列もMAXで5人ぐらいだったかな?

 

二郎の滝


こちらが二郎の滝(画像の奥に見える方)
二郎の滝は傾斜が90度なのでスライダーは不可です。
危険だからかな?上方に柵がしてありました。
三郎の滝同様に、こちらも滝つぼが深いです。
威勢のいい中学生ぐらいの子が飛び込んでいましたが、
ドップリと頭の先まで見えなくなっていたので、本当に深そう。

二郎の滝の手前にある、
滝・・・というほどでない傾斜があるのですが、
こちらは小さい子に人気のスポットでした。
踝ほどの水深だし、水の中に座り込んで水流の感触を楽しんでいるようでした。傾斜を滑り台に見立てて遊んだりもしていました。

売店で軽食の販売あり!

最後は一郎の滝ですが、その手前に売店があるので先に紹介します。


売店「龍王荘」
シーズン中には、ラーメン・うどん・むすびの販売、そしてBBQもできる施設なのですが、
2020年は新型ウイルスの影響により休業していました。

 


そしてこの龍王荘の付近が浅瀬が続いており、
幼児さんも安心して水遊びができるスポットになっていました。

 


我が家の子どもも、水中覗きメガネで魚を追いかけ、
よくわからない小魚を捕らえていました。
何故だかじゃんじゃん取れるので、凄くご満悦でしたよ。(観察したら逃がしました。)
小さな網を持っていくのもいいかもしれませんね。

一郎の滝

最後にあるのが一郎の滝です。

スライダーの長さはすべり滝より短く、10mほどかな!?
でも、一郎の滝は傾斜が急になっているので、
子どもの恐怖心はこちらの方が強いかも。

 


我が家の子ども達も怖いようで、
後半こそ何も身に着けず飛び込んだものの、
最初は浮き輪をつけて滑っていました。
傾斜も落差も滝つぼの深さも、すべり滝よりハイレベル仕様です。
でも、慣れればスリリングなこちらの方が気に入っていたかな?

トイレ・更衣室

シャワーはないものの、トイレ・更衣室は揃っていました。
売店「龍王荘」の近くにあります。


トイレ
和式と男性用のトイレが1台づつ。男女兼用なので・・・気になる人は、
駐車場まで下ると男女別のトイレがあります。

 


更衣室
中は3帖ほどの広さで、棚が設置してあります。

 

そして、残念ながらシャワー室はありません。


我が家はいつものコレ。
水道水をペットボトルに詰めてきて、一人1本で体を流します。
そして、
車の後ろにポップアップテントを立てて、着替える。
我が家の定番スタイルです。

 

注意点

凄く楽しい滝ですが、注意点を上げるとしたら・・・
駐車場から滝のポイントまで遠いこと。
徒歩5分はかかるかな。


しかも階段が多いので、荷物が多いとしんどいです。
階段を下っていると、小さな子供を連れたママさんに「まだ、滝まで遠いですか?」と聞かれたり、
お子さんを抱っこしていると、本当にしんどい。汗だくです。

 


注意事項ではありませんが、
場所取りはこんな感じで平地にレジャーシートを広げました。
木陰が多いので、35℃越えの猛暑日ですが、そこまで暑く感じませんでした。
ポップアップテントならいいけど、大きなテントは張る場所はないですよ。平地は少ないです。

 

 

そして、最大の注意事項!!
滝のウォータースライダーが楽しすぎるからって、何回も何回も滑りすぎていると・・・


水着が破けます。
昨年は子どもが湯来の川遊びで水着をダメにしてしまったので、上からサーフパンツを履かせて対策をしていたのですが、
今回水着を破いたのは夫。
大人も滑りすぎるほど楽しいようです。

三郎の滝に遊びに来るときは、
大事な水着は避けた方がいいかもしれません。

詳細

名称三郎の滝
URLhttp://fuchu-kanko.jp/fkan/?page_id=1085
住所〒726-0026 広島県府中市三郎丸町
電話番号
営業時間
定休日
料金
駐車場あり/無料
フード情報
ベビー情報
地図

スポンサーリンク