利用価値高し!!街中のオープンスペース『つばさ』には一時預かりもあった。

この記事の所要時間: 436

オープンスペースとは?
乳幼児とその保護者が気軽に集い、遊べる場所
子育てに関する相談や、情報交換ができるほか、定期的にイベントも開催されています。
赤ちゃんとのデイリーのお出かけに是非活用したい場所です。
※イベント開催を検索時にはためまっぷが非常にオススメ。
徒歩圏内の地元の情報(公民館・集会所など)が簡単に検索できます。


画像をクリックしたら、検索できます。ぜひご活用下さい。
広島市の公式HPもご参照ください。
広島市のオープンスペースは主に3つに分かれています。
各区の常設オープンスペース(⇒区役所に設置されていることが多いです。基本無料。)
公募型常設オープンスペース(⇒利用価値の高い場所に設置されていることが多いです。利用料100円程度。)
地域のオープンスペース(⇒公民館・福祉センター・集会所などに月2回程度開かれていることが多いです。)

オープンスペース「つばさ」

広島市中区立町にある「つばさ」、
こちらは広島市公募型子育てオープンスペースの一つです。
以前は「エポカキッズ」でしたが、2016年に名称が変更になっています。
立町という立地から、市内中心部に遊びに行ったときは子どもの遊び場として大変便利で時々利用しています。
一般的なオープンスペースと同様な雰囲気ですが、若干狭い感じはします。立地を考えると仕方ないですね。

でも、


ボールプール、
滑り台、
ままごと、
絵本・・・
いろいろとおもちゃは揃っているので、充分遊べます。


超巨大ボールコロコロもあります。
こんなに巨大なものはあまりないので、
子どもには結構人気でした。


おむつ交換スペースは、遊び場の一角にあります。
使い捨てのオムツ交換シート・ゴム手袋・消毒液などがあって、衛生的です。
ただ本当に遊ぶスペースの一角なので、お通じがあったときは特に臭いがもれないか、ドキドキします。

授乳スペースは壁とカーテンで仕切られた、ちょっと奥まった部屋にあるので、落ちついて授乳できます。

感想

スタッフの方も2.3人ほどが常にいらして、子どもと一緒に遊んだり、母親達に話しかけたりしてくれます。
笑顔が印象的な気さくな方が多いです。

そして、ここのオープンスペースの特徴として。
子育て情報が沢山掲示してある!


広島市8区のオープンスペース、お出かけ、育児サークル情報が掲示してあります。

 


それだけでなく、毎月発行されるそれぞれの区の広島市報の子育て情報が切り抜きして貼ってあります。
毎月の幼稚園・保育園の催し(人形劇・芋ほり・親子体操・・・だれでも参加できるイベント)が分かりやく掲示してあるので大変便利です。
市報って大体自分の地区のものしか目にしませんから(広島市のHPからは閲覧可能です)

 

「つばさ」の一時預かり

「つばさ」は子どもの一時預かりもしています。
こちら、保護者の通院・買い物・美容院・食事・リフレッシュ・・・などに結構利用されていて土日は早めに予約する必要があります。
平日も、2.3人は託児されている子を見かけます。
大体3人が託児の定員のようです。
ここでは子ども1人につき、1人の保育士が担当となりしっかり保育してくれます。
さらに、預かる前に検温・問診などがあって子どもの状態をしっかり把握してくれます。

「ちゃんと見ていてくれる」っていう安心感がありますよね。私が始めて子どもを預けたのはここでした。
イライラが積もって、一人でお茶しました。
でも、しばらくすると急に寂しくなって、予定よりも20分も早いのに走って迎えにいきまいした。人見知りがある時期だったので、泣いたみたいだけど、保育士さんがずっと抱っこしていてくれました。
たった40分間の自分の時間だったけど、一人で外食できたことが嬉しくて5年以上前のことだけど、今でも鮮明に覚えています。
リフレッシュ大事ですね。
それから仕事に復帰して、
保育園に行くようになったので、一時預かりはその1回だけでしたけど。

 

2,3歳ぐらいになると、「おかえりランド」もおすすめです。

 

 

詳細

名称 オープンスペース つばさ
URL http://tsubasa.npoc.or.jp/
住所 〒730-0032 広島市中区立町6-1 立町ウイング5階
電話番号 電話/FAX082-246-0024
利用時間 10:30~16:00
定休日 日曜・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
料金 1回100円(1家族)
駐車場 なし/近隣にコインパーキングあり
フード情報 近くににコンビニ・飲食店多数あり。オープンスペース内は飲食スペースなし
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室あり
地図

スポンサーリンク