ふわふわのフクロウと触れ合い体験してきたよ【厳島ふくろうの森(宮島)】

2016年11月30日

この記事の所要時間: 41

シャネルマツリ“で宮島に遊びに来たので、
久しぶりに「宮島 厳島のフクロウの森」に行ってきました。


場所は宮島桟橋を降りてすぐ、徒歩2分ぐらいのところです。
2016年にオープンしたお店。
現在は、「豆柴カフェ」と「ヒョウ猫の森」も新たに誕生していました。

厳島のフクロウの森


「豆柴カフェ」と「ヒョウ猫の森」は1階ですが、
「フクロウの森」は2階、
2階に上がって受付で料金を支払います。

・フクロウの触り方(撫でる位置、手の甲で触る事、撫でる強さ・・等)
・お触りNGのフクロウについて
・手の消毒について
・店内は一方通行
・何周でもしてもいいこと
以上をレクチャーしてもらい、
いざフクロウの森の中へ入っていきます。

店内の様子

天井~壁まで森の雰囲気になっている店内を進んでいくと、

おっ!!


いた!!
すごい見てる!!
何か警戒してる!!


明らかに嫌がっているが、
1回撫でるだけでわかりました。
何となく目つきで。

 


このフクロウに限っては、
近寄るなり体を大きく膨らませています。

フクロウの事は詳しく知らないけど、
動物が体を大きくするって、きっと威嚇してるんだろうね。

 


「こっち来んなぁー!!」
「触るんじゃねぇーよぉ!!」
と言っているようなので、望遠で写真を撮って退散。
このフクロウは「もみじちゃん」

警戒しているフクロウには近づきません。
怖いから。嫌なんだろうし。

今日はフクロウに嫌われているようです。
前来たときはそうでもなかったのに。

 


フクロウにはそれぞれニックネームが付いており、
生体の説明とともに記載されています。
この「安芸ちゃん」も若干不穏な雰囲気が出ており、
触れませんでした。

もちろん、
「安芸ちゃん!」と優しく言ってもマルっと無視です。

 

 


店内は40帖ほどの大きさ?でしょうか。
グルグルと小道を歩いていくと、至るところにフクロウがいて、大体10匹います。

 

だから、
こんな私にも心を許してくれるフクロウも一羽ぐらいいるもので、


このフクロウはちょっとだけ触らせてくれました。
「おたふくちゃん」


ありがとう。
フワフワの毛並みが何とも心地よいです。
あぁ~来てよかった。

 


このフクロウも大丈夫でした。
「ピースちゃん」

ただ、


威嚇しまくってたあのフクロウが、
ずっと私を目で追ってきています。
ちょっと怖い。

リスもいるよ

店内にはフクロウだけでなくリスもいます
ゲージに入っていますが、
餌が100円で販売されているので、餌を購入すれば近寄ってくるのかも。

フクロウのショップもあり

フクロウのグッツ販売もあって、


フクロウの羽 750円

子どもの頃読んだ、
福音館書店の「ぼくのはね」という本にカッコいいフクロウの羽が出てきて、
それを思い出して欲しかったけど、
どうやら今日はフクロウと相性が悪い気がしたのでやめました。

感想

料金を払うと時間無制限でフクロウの森に入れます。

いろんなフクロウがいて、フワフワしている姿に見ているだけで癒されます

見るだけなら、フクロウもそんなに威嚇しないのですが、

触ろうと思うなら、フクロウのご機嫌をしっかり伺って触れましょう!!

そんな感じだから幼児さんだと、ちょっとビビッてしまうかも。

小動物のふれあいに慣れている子なら大丈夫かも。相性のいいフクロウに出会えれば楽しいですよ。

時間無制限ですが、座る場所もないので、あまり長時間は滞在しにくいです。

子どもと行った時も、大体滞在時間は20分ー30分が限界ってところでした。

ちなみに、お店は2階なので、ベビーカーは難しいです。

店内も道幅が狭いので抱っこで見て回るのがよさそうです。

そんなに歩く距離もないし。

 

詳細

嚴島フクロウの森
〒739-0504広島県廿日市市宮島町港町1162-2-2F
0829-30-3305

営業時間
10:00 ~ 17:30(平日)
10:00 ~ 18:00(土日祝)

料金
大人:680円(中学生以上)
小人:480円(4歳~小学生、要保護者同伴)
3歳以下無料(要保護者同伴)
割引共通券あり(合計入館料から10%OFF)
学割100円引き(中・高修学旅行)