ついつい大人もどハマりです【幼稚園2月号付録メダルおとしゲーム】が熱い!!

この記事の所要時間: 233

家族で大好きなモーリーファンタジー。
株がめちゃくちゃ下がっていますが、モーリーファンタジー愛が試されていると思って、
豆腐メンタルで握っています。

モーリーファンタジーのツイッターで見かけた「幼稚園2月号付録メダルおとしゲーム」、
子ども云々というより、大人が欲しくなったので買ってみました。

ちなみに、市内某店舗ではまだ普通に販売されていました。(2019年1月8日現在)

幼稚園2月号


980円
お値段そこそこするのね。大人の雑誌同様、最近は付録が豪華になっているようです。


幼稚園の付録であるだけに、作成は簡単。
手先の器用な子ならきっと6、7歳だとできそうです。
うちの子はきっと「わからん~」「できん~」「して~」となるのが目に見えているので、
親が作っちゃいますよ。

完成


どん!!完成です。
単4電池を入れたら「ウィーンウィーン」自動で白い部分が動き始めます。
本格的!!
付録のメダル50個を入れて、
シャラシャラ―とメダルが出てくる感覚が面白い!

アレンジしてみる。


それだけでも面白いメダルゲームですが、
「アレンジしたらもっと面白そうじゃん!」ということでいろいろ考えてみました。

メダルゲームの手前は透明フィルムで覆われていますが、
両サイドは何もなし。
だから、好きな物が入れられます。


アンパンマンバージョン。
メダルを入れるとアンパンマン達がちゃんと落ちてきますよ。

 


お菓子バージョーン。
飴以外にも、チロルチョコとかも面白そう。

 


キラキラバージョン

 


スクイーズバージョン。
ミニスクイーズをいろいろ入れてみました。
これもちゃんと落ちてきますよ。

 


現金バージョン。
メダルでもいいけど、500円玉以外の硬貨なら投入口から入るので、
これまた面白い感じになりました。
ただね、1000円札をカプセルに入れてみたけど、
カプセルが大きすぎて取り出し口に引っかかってしましました。
もう一回り小さいカプセルだと上手くいきそう。

子どもの反応

完全にメダルゲームの虜になっていました。
投入口が2つあるのもいいですね。仲良く分けて遊べそう。

付録だけでなく本だって読み応えありますよ。
特に興味が引き付けられていたのはもちろん「シンカリオン」。
新しい仲間の事が特集されていたので、グイグイ魅了されていました。

スポンサーリンク