炎天下の大行列!!激込の中央公園ファミリープールで消耗してきた | ドコイク子の「今日どこ行く?」

炎天下の大行列!!激込の中央公園ファミリープールで消耗してきた

この記事の所要時間: 657

この時期、
いつもだったら坂町の「ベイサイドビーチ坂」・呉ポートピアの「ジャブジャブ池」に行ったりしますが、
2018年は7月の豪雨災害により今年は行けず。
※呉ポートピアパークは2019年1月に開園予定だそうです。

中央公園ファミリープール

今年は初めて、
中区にある「ファミリープール」に行ってきました。


なんとなくで行った日曜日のファミリープール、
それはそれはもう入場制限でも発令するんじゃないかってぐらい混雑していました。

そんな、
すごく楽しかったけど、休日に行くときはそれなりに覚悟が必要だと分かった体験記です。

入場券を買うまでの道のり

今年初めてのプールでワクワク感満載の子供達を引き連れて、
さぁ!!プールに入るぞと到着、時刻は9:50。


なんと、入場券を買うための100mはある長蛇の列。
この日も、最高気温35℃の炎天下!日陰無し!!
プール帰りと間違うほど全身汗でびっしょり。汗臭さも最高潮!!

妻と子ども達は木陰で早くも弁当を完食してる中、熱中症のリスクと闘いながら並んだ75分
入場したのは11時をまわっていました。

この列に並ぶ際注意が必要です。
写真の列は割引券等を出し窓口で入場券を買う列。
もう一方の広島市こども文化科学館の列は自動販売機で定価で買う人の列です。
割引券を使用しないのであれば、発券機で購入する方が早いと思われます。
ちなみに入場券を持っている人は列に並ばずにすぐに入ることができます。

日陰をゲットするまでの激闘

入場してすぐにすべき行動は日陰のゲット。

ファミリープールは無料の日陰の場所が沢山設置してありますが、
11時すぎの入場では当然のように場所なんて皆無。
柱のわずかな陰に、レジャーシートを敷くのが精いっぱいです。


写真撮影時の夕方には誰もいなかったけど、
11時頃はこの自動販売機の隙間にもレジャーシートがひかれていました。
そのくらい、日陰を確保するのにみんな必死です。
(自動販売機の設定価格は割高になっておらず、良心的。ペットボトル140円)

妻子がプールで遊んでいる中、
ひたすら園内を何度も何度も回って、日陰を探し続けます。

ポップアップテントを持参している家族もいますが、天気が良すぎるとテント内も非常に高温になるので、
使い方が難しいです。授乳とかにはいいけど。

そして、、、

あった!!
広さ、日陰具合、場所、トイレの近さすべてにおいて申し分なし。
どうやらお昼近くになると、既に帰るグループもあるようです。

浮き輪に空気入れるのだって当然行列

そして次の指令、
「浮き輪膨らませてきて!!」「エアマットも。」

浮き輪無しのプールだとつまらないらしく、
日陰をゲットした早々、今度は浮き輪の空気入れに並びます。

暑い。本当に暑い。
もう自分で膨らませた方がいいんじゃないかと思うくらい並びますが、
今膨らませたら、マジでぶっ倒れるぐらい暑いです。

浮き輪・エアマットも完成し、
これでやっと一息できました。

やっと入ったプールはぬるい。むしろお湯。


イモ洗い状態

水に入った時の、「ヒヤッ」とする感じはなく、
生ぬる~い。


幼児向けに滑り台もあります。
水深が浅いので幼児さんは安心して遊べます。


ただのプール。
ここもイモ洗い状態でした。

そんなイモ洗い状態でもみんなが安全に遊べるのは監視員さんのおかげ。
「飛び込み禁止」「走らない」「周りに注意する」
しっかり目を光らせ的確に注意する姿が眩しいです。

浮き輪とマットでひたすら遊び続け、
遊び続けた疲労で下の子は午睡を2時間半も取り、起床後更に遊ぶというスゴ技を見せてくれました。
幼児連れだと、午睡用にレジャーシートは少し厚手、バスタオルをもっていくと良いです。

子どもの体力は計り知れず、
結局閉園ギリギリまでいました。

売店・食堂

入場券の行列の際に持参したお弁当は食べたけど、
お弁当を持ってこなくてもファミリープールには食堂・売店あり。

画像引用:ファミリープール公式HP


価格は以下の通り。
そこまで高くなく良心的。
でも行列必須なので、持参の方がおすすめです。

かけうどん・そば ¥ 500 焼きそば ¥ 550  天ぷらうどん・そば ¥ 550 チャーハン ¥ 550
きつねうどん・そば ¥ 550 肉うどん・そば ¥ 550 わらび餅 ¥ 350
ぜんぶのせうどん・そば ¥ 650 かき氷(各種) ¥ 350
ラーメン ¥ 600 練乳 ¥ 50 カレーライス ¥ 550 すいか(1/8) ¥ 300

公式HPでも記載あります。

閉時間までいてわかった、最後まで陰が残る日陰スペースはここ


ファミリープールの地図です。
場所によっては午前中は日陰だったけど、太陽の動きとともに日陰の場所が移動してしまうこともあります。


一番のオススメは画面左側の赤丸
午前中から午後の閉園までずっと日陰でした。

後方が木々になっているので、
気化熱効果?でテントのみの場所より涼しく感じます。
そんなに人も通らないので、比較的のんびりすごせます。


次にオススメなのが。
ピンクの丸。
テントの端だと人は通るし、すぐ日が当たるしで条件が悪いですが、
大きなテントなので、中心に陣取ると、当然最後まで日陰です。
ただ、人に囲まれていて落ち着かないし、
出入りがしにくし、ザワザワ感が半端ないです。


次は、黒丸。
ここは一番オススメの場所と似ているのですが、
昼過ぎになるにつれて、
どんどん日が入ってきます。
最終的にはテント前方から1mぐらい日光が入ってくるので注意が必要です。


次は黄色。
ここは本当に落ちつかない。
夕方になると、日陰は遥かかなたに行ってしまうし、
人通りが絶えまないからいろんな目線が気になる。

他にも場所はあるけど、
あまり観察していないので良し悪しの判断ができません。
今度またリサーチしてみます。

駐車場

荷物が多く、子供がぐったりのプールでは、
公共交通機関を利用するのはつらいです。

今回は広島市民病院近くのテニスコート下の駐車場を使用しました。
一日最大1500円。

ここがオススメかどうかわかりませんが、悪くはなかったです。

ファミリープールは料金が比較的安いので、
駐車料金は少し高くても我慢できます。

プールの料金

大人(18歳以上65歳未満) 780円
大人(65歳以上) 340円
小人(小・中・高校生及び18歳未満) 340円

やや料金は高めですが、
料金分は十分楽しめるちゅーピープールもおすすめです。

詳細

名称 中央公園ファミリープール
URL http://www.midoriikimono.jp/pool_top.html
住所 〒730-0011 広島県広島市中区基町4-41
電話番号 082-211-0063
営業時間 9:00~18:00
定休日 期間中無休
料金 年齢による
駐車場 無し/近隣にコインパーキングあり
フード情報 会場内にあり
ベビー情報 オムツ交換台、授乳室あり
地図