筆の里工房(安芸郡:熊野町)

この記事の所要時間: 336

筆の里工房

安芸郡熊野町にある「筆の里工房」に行ってきました。

毎年ゴールデンウィークに子ども向けのイベントが開催されていて(フリマ、ヨーヨーすくい、子ども服交換会、スタンプラリー・・・)、

何度か行ったことはあるのですが、「筆の里工房」の館内を見学するのは今回が初めてです。

なぜこの時期に行こうと思ったか、

入館料(大人600円、小中高生250円)が今だけ無料だからです。

工房周辺のアスファルト舗装工事に伴い、館内にも騒音等相当な影響が予想されることから、工事期間中の入館料を無料となっています。

【工事期間 平成29年1月5日(木)~2月28日(火)】

筆といえば熊野。そんな有名な場所が近くにあるのだから、いつか行こうと思っていたのですが、近いだけになかなか機会がなくて、、、

今回いい機会なので行ってみました。

幼児入館料無料で授乳スペースもありました。

比較的新しい建物なので、館内は非常にきれいです。

墨のいい香りが漂っていて(龍脳というのでしょうか?)とてもすがすがしい気分になります。

墨の香りは気持ちがしゃきっとしますね。

世界一の大筆から始まって、書道、絵画、漫画、化粧、ネイル・・・。筆づくしです。

館内は写真禁止なので、唯一撮影可能な”新春大書”のみ撮影できました。

 

 

ただ筆を展示しているようなイメージでいったのですが、

美術館のようでした。

大小、各種さまざまな筆をモチーフに筆の繊細さ、力強さ、筆の表現力、用途、などを美しく表現されていました。

ライトアップが工夫されていたり、大きな岩との組み合わせだったりと・・・

 

普段あんまり意識したことないけど、

じっくり見ると筆って結構美しいですね。

その筆で表現される、文字、絵画、メイクも当然ながら美しいですね。

そんな思いを持たせてくれる工房でした。

(工事の騒音は全然ありませんでした。)

ただそんな筆の良さをドコイク子の子ども達はわかってくれるか・・・微妙ですね。

まだちょっと幼すぎるきがします。上の子は習字をしているので、ちょっとは興味をもってくれるかな。

 

 

子ども向けというわけではないですが、

外には小さな小川があったり、鯉が泳いでいる湖畔の周りに遊歩道があったりと、館外でも楽しめそうな場所がありました。

ちなみに、こちら”ビストロシン”というレストランが入っているのですが、非常に人気でランチの予約が取りにくいとか。今度はランチ目的で訪れてみたいです。(工事期間の平成29年2月28日までおやすみ)

帰り道、こちらも人気のお店”ふくえどぅ”でシュークリームを買って帰りました。

筆の里工房まで来たときは、こちらのお店もおすすめします。

詳細

名称 筆の里工房
URL http://fude.or.jp/jp/
住所 〒731-4293 広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
電話番号 082-855-3010
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※臨時休館あり
料金 大人:600円(500円)
小中高生:250円(200円)
幼児:無料
※カッコ内は20名以上の団体料金
駐車場 あり/無料84台
フード情報 館内にレストランあり
オムツ交換台・授乳室等 オムツ交換台、授乳スペースあり
地図

筆の里工房はイクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

 

https://www.ikuchan.or.jp/service/shop/01169_0000.html

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger/#812


PAGE TOP