こども食堂やってたよ!!【Cafe AOITORI(青い鳥)】へ行ってきた

2018年7月14日

この記事の所要時間: 358

2018年6月今話題(?)のこども食堂に行ってきました。

子ども食堂って何?

子ども食堂と聞くと、「子供だけ」というイメージを持っておられる方もいますが、
仕事に子育てに忙しい、ひとり親家庭、共働き家庭のママ・パパなど様々な家庭が利用しています。
詳しくはこちら→イクちゃんこども食堂ネットワークFAQ

開催場所によっては子どものみ利用可能や大人は有料など条件があります。
詳しくはこちら→イクちゃんこども食堂ネットワーク

喫茶店Cafe AOITORI(青い鳥)


的場電停の前の青い鳥ビル1階。

 

店内の様子

 


奥行がある店内は、ゆったりと落ち着いた雰囲気です。

カフェの営業終了後、17時~19時まで売上の20%を「こども食堂」の運営に使用する「Tuna-Goプロジェクト」を実施しています。

 

こども食堂を利用してみました。

当日の午前中に予約を行いました。
店内に入って予約の名前を伝えるとすぐに提供していただきました。


子ども用


大人用(ごはんもついてます)

今日のメニューはハンバーグ。
ワンプレートになっていて、キャベツの和え物・サラダ・パスタが添えています。
美味しくいただきました。
子ども用では、ご飯はおにぎりにして食べやすくなっています。

 

私達夫婦はフルタイム共働きでいつも夕食の準備がネックになります。
普段は前日の夜、私が味噌汁の具材を切り鍋にスタンバイ、翌日の米をセット、夕食後の食器を洗う。
妻が朝、夕食のおかずの下ごしらえ+前日夜私が夕食後の食器を洗えなかった場合洗う。
朝、たまに私が夕食のおかずの下ごしらえをする。
妻帰宅後味噌汁+おかずに火を通す・・・以下ループ
という生活です。

正直しんどいときもある。かなりある。
食事・片づけのことを考えると、げっそり。
飲食店での外食ももちろんいいけど、「子ども食堂」はとても家庭的。
食事を食べに行くのだけど、家で過ごすかのような、のんびりとリラックスした時間ですごせます。
実際、自宅のようにご飯の前に宿題をしたりできます。
いつもは、「早く食べなさい!!」とせかしながら食べているけど、
イライラすることなく、家族でゆっくり夕食時間が過ごせました。

私達家族が利用中に子ども一人で来ている子もいました。
宿題をしてご飯を食べ、また宿題をしていました。
常連さんのようでした。
近場に子ども食堂があれば毎日でも利用したい気持ちです。

子ども食堂利用案内

子ども食堂対象:
中学3年生までのこども、同伴の大人
こどもだけでもOK!(帰りはお迎えが必要)

子ども食堂開催日時:
月~金曜日の17時~19時(平日は毎日、祝日も開催)

子ども食堂料金:
こども無料
同伴の大人300円

子ども食堂定員:
1日20名(準備が必要の為事前に電話かメールで要連絡)

子ども食堂を利用した後はキッズコーナーいかが?

こちらのお店なんと怪しげな地下があります。


隠れ家に潜入するようなワクワク感で降りていくしと、


なんとキッズスペースになっていました。
オルガン、テレビ、おもちゃ・絵本

 


地下というあたりが冒険心をくすぐりますね。
こんな部屋が自宅に欲しい・・・。

詳細

名称 Cafe AOITORI(青い鳥)
URL https://ja-jp.facebook.com/matobaaoitori/
住所 〒732-0824 広島市南区的場町2-1-1 青い鳥ビル1階
電話番号 082-262-7610
営業時間 11:00~17:00
定休日 日・祝
料金 メニューによる
駐車場 なし/近隣にコインパーキングあり
フード情報
ベビー情報 子ども用食器、ミルク用のお湯提供
授乳室、お子様ドリンク1杯無料、キッズコーナーあり
地図

Cafe AOITORI(青い鳥)はイクちゃんサービス参加店です。

イクちゃんサービス参加店情報

https://www.ikuchan.or.jp/service/shop/02412_0001.html

unnamed

このブログは「イクちゃんブロガー」に記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger/#812

スポンサーリンク