ぶちスゴかった!!【2017ひろしま技能フェア~ぶちスゴ技~その2】

この記事の所要時間: 28

第34回ひろしま技能フェア ものづくりフェスタ

生産現場で進む機械化とは別に、どうしても人の手でつくりあげるべきもの、人の手が必要な部分。
匠と呼ばれる人たちが集まって、繰り広げられる職人技が非常に興味深くて、昨年に続き行ってきました。

その1


IMG_3198
沢山ある壁紙を使って、インテリア雑貨つくり

IMG_3196
壁紙はほとんど輸入品。ヨーロッパから東南アジアだったりいろいろあります。

IMG_3197
これは私が欲しくなって作りました。
IMG_3148
鬼瓦つくり

image
粘土を型にはめて、
同じようにもう一つ作って、二つを合わせると

IMG_3192
もみじ饅頭の出来上がり。

IMG_3206
鬼瓦はこんな感じ

 

 

 

食品系だって匠技が光ってます。
IMG_3184
マジパンで作られた、ケーキ。
こちらでの体験はマジパンでキャラクターつくり

 

IMG_3175
全部和菓子でできています。

IMG_3176

IMG_3199
上生菓子の体験
一人2個作成できました。白あんを包む過程が面白かったです。スルスルーっと形が自在に変化します。子供と参加したのですが、うまくいかないのかイライラし始めて結局私が作りました。

 

職人技を目の前で見れたりもします。
IMG_3132IMG_3178
磨き上げられた職人技は神業のような美しささえあります。
無駄のない動きが何とも気持ちいいです。

 

 

 

保育園を休んで子どもと一緒にきました。「ものをつくる」楽しさを堪能し、難しさを学んでいました。
まだ、遊び感覚の要素が強かったかもしれまが、世の中にはいろんな職業があることを知り、将来の夢に役立てればいいのですがね。子供がどんな事に興味を持ち、将来の職業として選択していくか楽しみです。

小学生・中学生になっても連れていく価値はあると思うのですが、
毎年平日にあるのが残念なところです。小学校は休ませるのは抵抗があるしね。

IMG_3126

あくまでも、主役は子供。

この中から優れた職人技を引継ぐ者がでてくるといいですね。

昨年の様子


PAGE TOP