第9回GRAN-OFFファミリーキャンプ(2日目)

この記事の所要時間: 421

2017年8月19日(土)20日(日)に「リビングひろしま」を発行している広島リビング新聞社と広島三菱自動車販売株式会社が主催の第9回GRAN-OFFファミリーキャンプに当選したので行ってきました。
1日目の記事はこちら↓
第9回GRAN-OFFファミリーキャンプ(1日目)

 

山のキャンプといえば、
寒暖差が激しい!!

まだこの季節だから~と思って半袖半パンで過ごしていると、夜になると徐々に寒くなります。
おそらく、外気温は20℃以下。

念のため長袖・長ズボンを持参していたので助かりました。
寝袋は封筒型なので、開いて掛け布団として使います。
sc_20170820034539
この時間でテント内は26度くらい。

 

IMG_1663
早朝の外気温は20℃ほど
夜雨が降ったようでテントがかなり濡れていました。

 

IMG_1667
涼しい朝を迎えました。
朝みんなで散歩をしていると、木の一部から蜜が出ていました。
夜の散策に出かけていると、虫がたくさん取れたかなーと、ちょっと後悔。

 

IMG_1668
朝7時に受付に朝食の食材を取りに行きました。
ホットドック、バナナ、インスタントみそ汁、りんごジュース

 

IMG_1669
ウインナーを焼きます、

IMG_1670
まずまず美味しくできました。

わんぱくの森

IMG_1676
森林公園といえば、アスレチック!!
有料になります。
今回は時間がないので、またいつか体験したいです。

IMG_1675
わんぱくの森入口

 

IMG_1677
わんぱくの森入口の横にベビールームがあります。
お兄ちゃん・お姉ちゃんが遊んでいる間に、お赤ちゃんの待機部屋でしょうか。
でも、赤ちゃんとは過ごしたくないほど埃っぽい。

平和の森

大駐車場のそばに平和の森というちょっとして遊具のスペースがあります。
IMG_1679

IMG_1683

IMG_1680
幼児にはレベルの高い遊具です。

謎解きゲーム

IMG_1684
9時半から謎解きゲームが行われました。
ミスターモンド(写真の人)を助ける為に家族で協力する謎解きゲームでした。

sc_20170820095932
敵のシャドーが毒を飲ませたという設定。解毒剤になる薬草を手に入れる道順を探すそうです。

sc_2017082009594
裏面を見ると一部の回答がなんとかわかりそうな感じでした。
クリアーした家族から順番にくじを引きます。
途中で三菱の車に試乗しないと暗号がとけないという辛い設定・・・
当然試乗には長蛇の列・・・

IMG_1678
なんと我が家は2番目にクリアでくじは3等が当たりました。
車には試乗せず、何とか自力で暗号を解きました。
試乗の為並んでいたら、マジで熱中症になりそうなのでやめました。

IMG_1685
カレーは参加賞です。

中身は

n1799_1
トコトコアルマジロ(約40円)

476541282
なかよしシャボン玉セット(約120円)

411MskVh7RL._SX425_
ドラえもんBANK(約100円)

少なくとも子どもは喜んでいました。5等の紙風船1個と比べればまぁいいほかな。
クリアした家族から自由解散で、そのまま遊んでもいいし、帰っても良い感じでした。

フォレストアドベンチャー

IMG_1686
最近できた、本格アスレチックです。
料金も3000円前後で高め。
でもその分、命綱をつけて5m以上の高さのネットを登ったり・吊り橋を渡ったりとかなり本格的です。どちらかというと、大人の参加者が多かったです。専用駐車場には県外ナンバーが沢山止まっていました。

IMG_1688
もう少し子どもが大きくなったら是非挑戦してみたいです。

まとめ

さて、今回のGRAN-OFFファミリーキャンプですが我が家のBタイプは参加費15500円(4人まで)
一人追加ごとに+3000円 食材不要の場合は+1500円(保険・レク代)
という内容でした。

金額的には高く感じ、イベント的に物足りない感じがしました。
今回キャンプに参加した目的は、他のキャンパー家族や同年代との子供たちと仲良くなれるのを期待しましたが・・・
どちらかと、いうと家族の絆を強める的な雰囲気です。他のキャンパーと触れ合う時間がない(キャンプファイヤーの時も真っ暗で顔がわからない)

キャンプに行くと、我が家の子供たちは必ず
「友達探してくる!!」と出かけていくのですが、
今回のキャンプ場は、サイトとサイトの距離が離れていたり、分かれ道がたくさんあって迷子になりやすかったり、なかなか友達探しには難しい環境でした。親的にも「いってらっしゃい」と送り出すには不安な立地です。

備北オートビレッジのようにもう少し隣とのサイトが近く・一つのエリアにテントが密集している方がいい気がしますがしょうがないですね。

ぐっとプライベート感・森との近さを大事にしたキャンプ場なのでしょう。

広島リビング新聞社のスタッフの方々の対応は丁寧で大変気持ちの良いものでした。

より詳しい情報が広島三菱自動車販売株式会社さんのfacebookにありました。


PAGE TOP