【針地獄】日清焼そばU.F.O.「わさマヨ地獄」を食べてみた

この記事の所要時間: 220

日清焼そばU.F.O.「わさマヨ地獄」

1
2017年5月29日、日清食品から新商品『日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄(税抜205円)』が発売されました。
定期的に新商品を発売している日清食品。
裏切られる覚悟、でも若干の期待をこめて昨日イオンで5%オフなので購入しました。

調理の過程

2
乾麺は普通の色。
お湯を注いで温めてソースをかける前に食べてみると・・・
普通の麺。
3
ソースをかけて食べると・・・
普通の焼きそば。
ここまでの過程は今までと一緒です。

すべては「わさびマヨ」にかかってくるようです。

わさびマヨをかけると・・・
4
「うっ、これは辛そう」
ツーンとした香りが一気にただいます。
いままで普通だったソース焼きそばの豹変です。

実食

何となくだけど、辛そうだけど何とか食べられそうな気がします。
なぜなら、ソースまでは普通だったから。
5
そっと1本食べてみると
「辛っ!!」
1本にかかっているわさびの量なんてわずかのはずなのに、辛い!!
ツーンとした辛さが喉から鼻に抜けるとき、「カァー!コォー!!」と風が流れる感じがします。

どうやったらここまで辛さを出すことができるのか、
どうしたら、ここまで辛さを凝縮できるのか、
やっぱりすごい日清食品。

「でも、食べられない訳ではない。正直そこまでの地獄を感じない・・・」と思いながら、
普通に焼きそばをすすって食べてみたら、

ズドーン!!
喉の奥に針の束が押し込まれたような衝撃です。
もはや「辛い」と感じる余裕もありません。

そして、嵐のような咳き込みです。
食べ物でここまでムセた事はないってぐらい咳き込みます。
水なんて飲む隙もないくらい、とにかくムセます。もう、このまま咳喘息になって、気管が詰まってしまうんじゃないかってぐらい咳、咳・・・

もうだめだって思うくらいにようやく止まりました。
全身で焼きそばを拒否していたんでしょうね。

喉の奥は当然ヒリヒリしたまま。
この一瞬で力を全て出し切った感じの、脱力感。

日清食品はやっぱりすごかったです。容赦なかったです。
まさに地獄。
針地獄でした。

嘘でも、大袈裟でもありません。
私と夫、同じ症状でしたから。

もだえる両親を白い目で見ている子ども達、
「お父さんとお母さんばっかりいつも、変な焼きそば食べててずるい。私も1回ぐらいカップの焼きそば食べてみたい。普通のね。」
余計な出費もありました。

子供は当然食べないほうがいいです。
大人も胃腸の弱い人、翌日に大事な会議を控えている人は止めたほうがいいです。
焼きそばの影響は翌日まで続きます。


PAGE TOP